統計数理研究所の丸山です。

丸>今回の結論は
丸>
丸>boot loader が grub であるか否かにより、PCBSD10.1 は /boot/loader.conf
丸>を変えなくてはいけない。
丸>
丸>ということのようです。私はPCBSD10.1の「お任せインストール」で作ったシ
丸>ステムを、他の boot loaderを使う別のファイルシステムに単純コピーしてこ
丸>ういうことになってしまいましたが、ひょっとするとPCBSD10.1のインストー
丸>ラーは、 customインストールの場合に、 grub でない boot loaderに対する
丸>配慮もしているのかも知れません。それはインストールスクリプトを確認して
丸>みないとわかりませんが、今後の宿題にします。

expert mode のよるcustomインストールをやって見ましたが、grub でない 
boot loaderに対する配慮はありませんでした。つまり、「お任せインストー
ル」以外の場合は

cd /boot; mv -i loader.conf loader.conf.grub; cp -p loader.conf.pcbsd 
loader.conf

を、自分で手動でやる必要がある、ということです。PCBSD と Windows を一
つのdisk に入れたいと思ったら、「お任せインストール」は使えないので、
この情報は重要と思います。

今日かなりの回数10.1+vtコンソールドライバで動かした PCBSD10.1 を
suspend/resume しましたが、実に快適です。PCBSD9.1, 9.2 では、resume 後
に、 top で見ると WCPU 100% の chrome が二つ並んでいたり、Xorg が WCPU
100% だったり、 wpa_supplicant がいくら待っても接続を確立できない、な
どトラブルばかりで、 suspend は急いで電車を降りる時の halt の代用とい
う程度にしか使えませんでした。今は悪夢から解放された気分です。佐藤さん
には感謝、感謝、感謝。

欲を言うと、 vty 上の文字が小さ過ぎるのを何とかして欲しいと思います。

VT: Replacing driver "vga" with new "fb". 

の後、文字が小さくてかないません。

あと、PCBSD9.1, 9.2 では screen saver/locker 周りもトラブルの宝庫だっ
たのですが、10.1でどうなっているか、これから試してみます。

顧みると、FreeBSDで以前 X+suspend/resume がちゃんと動いたのは、私は 
ThinkPad X40の FreeBSD5.5 が最後でした。2005年頃から使っていましたが、 
2007年頃になるとWEP暗号化の脆弱性の問題から、WPAが世の中の主流となって
ゆき、wpa_supplicantを持たない5.5では出張先で会議場の無線LANが使えない
事態にたびたび遭遇し、大変困りました。それでも、6.*と7.*では 
X+suspend/resume がどうしてもうまく動かせなかったので、結局2012年秋に
X40の内蔵ディスクにエラーが発生するまで、外出時は5.5を使わざるを得ませ
んでした。その後、ここ2年ほどは9.1と9.2で悶々と悩む毎日でした。こうい
う事情なので、このコンソール vt ドライバについての情報は、地獄で仏に巡
り合った気分です。

長年にわたり、suspend/resumeはFreeBSDの弱点と言われてきたと思います。
そのためにDebian など他のOSと比べて低い評価をする声もあったように思い
ますが、これで事情は違ってくるものと期待しています。

--------
丸山直昌@統計数理研究所
_______________________________________________
freebsd-users-jp@freebsd.org mailing list
https://lists.freebsd.org/mailman/listinfo/freebsd-users-jp
To unsubscribe, send any mail to "freebsd-users-jp-unsubscr...@freebsd.org"

メールによる返信