いけさん です。

 おかげさまで majordomo がビルドできました。
 ありがとうございました。

On Sat, 17 Dec 2005 17:12:44 +0900
[EMAIL PROTECTED] (Yoshihiko Sarumaru) wrote:

>   じゃあ ( cd /usr/ports/converters/p5-MIME-Base64 && make -n do-configure)
> はなんといいますか。

# cd /usr/ports/converters/p5-MIME-Base64 && make -n do-configure
if [ -f /usr/ports/converters/p5-MIME-Base64/scripts/configure ]; then  cd 
/usr/ports/converters/p5-MIME-Base64 && /usr/bin/env PORTOBJFORMAT=elf    
BSD_INSTALL_PROGRAM="install -c -s -o root -g wheel -m 555"  
BSD_INSTALL_SCRIPT="install -c -o root -g wheel -m 555"  
BSD_INSTALL_DATA="install -c -o root -g wheel -m 444"  BSD_INSTALL_MAN="install 
-c -o root -g wheel -m 444" CURDIR=/usr/ports/converters/p5-MIME-Base64 
DISTDIR=/usr/ports/distfiles  WRKDIR=/usr/ports/converters/p5-MIME-Base64/work 
WRKSRC=/usr/ports/converters/p5-MIME-Base64/work/MIME-Base64-3.07 
PATCHDIR=/usr/ports/converters/p5-MIME-Base64/files  
SCRIPTDIR=/usr/ports/converters/p5-MIME-Base64/scripts 
FILESDIR=/usr/ports/converters/p5-MIME-Base64/files  PORTSDIR=/usr/ports 
DEPENDS=""  PREFIX=/usr/local LOCALBASE=/usr/local X11BASE=/usr/X11R6 /bin/sh  
/usr/ports/converters/p5-MIME-Base64/scripts/configure;  fi
cd /usr/ports/converters/p5-MIME-Base64/work/MIME-Base64-3.07 &&  /usr/bin/env 
SHELL=/bin/sh CONFIG_SHELL=/bin/sh PORTOBJFORMAT=elf     
/usr/local/bin/perl5.6.2 ./Makefile.PL INSTALLDIRS="site" CC="cc" CCFLAGS="-O 
-pipe " PREFIX="/usr/local"  INSTALLPRIVLIB="/usr/local/lib" 
INSTALLARCHLIB="/usr/local/lib"
cd /usr/ports/converters/p5-MIME-Base64/work/MIME-Base64-3.07 &&  
/usr/local/bin/perl5.6.2 -pi -e 's/ 
doc_(perl|site|\$\(INSTALLDIRS\))_install$//' Makefile

 となります。

> # $FreeBSD: ports/Mk/bsd.port.mk,v 1.518 2005/11/08 09:02:51 clement Exp $
> ってやつですか? (ports treeを一部だけ更新、ということをしていな
> ければ気にしなくていいです)。

/usr/ports/Mk/bsd.port.mk

#-*- mode: makefile; tab-width: 4; -*-
# ex:ts=4
#
# $FreeBSD: ports/Mk/bsd.port.mk,v 1.518 2005/11/08 09:02:51 clement Exp $
#       $NetBSD: $
#
#       bsd.port.mk - 940820 Jordan K. Hubbard.
#       This file is in the public domain.

 とあります。

>  本来は ports から入れた perl は
> /usr/local/lib/perl5/5.6.2/mach/CORE/libperl.so とかの
> libperl.so を使うはずです。LD_LIBRARY_PATH はずしたら perl5.8.7
> が動きませんか。

 LD_LIBRARY_PATH を外してからは
# ldd /usr/local/bin/perl
/usr/local/bin/perl:
        libperl.so => /usr/local/lib/perl5/5.8.7/mach/CORE/libperl.so 
(0x28068000)
        libm.so.2 => /usr/lib/libm.so.2 (0x28161000)
        libcrypt.so.2 => /usr/lib/libcrypt.so.2 (0x2817c000)
        libutil.so.3 => /usr/lib/libutil.so.3 (0x28195000)
        libc_r.so.4 => /usr/lib/libc_r.so.4 (0x2819e000)

 となりました。
 この状態で perl5.8.7 がビルドできました。
 その後 use.perl port と portupgrade を実行してから
 majordomo を make しますと、p5-MIME-Base64 も問題なく make でき、
 majordomo がビルドできました。

>  げ。まじですか。
>  LD_LIBRARY_PATH なんて諸悪の根元はPostgreSQL使うときだけに設定
> するようにしときましょう。

 そうゆうもんなのですか。ports から何かを make する時は、必ず外す
 という習慣がいるのですね。


 今まで posts を cvsup してから perl を上げるという事はした事がなかった
 のですが、みなさんは ports/UPDATING を見て、このような作業をちゃんと
 やってらっしゃるのでしょうか。
 また、それまでに make した ports で、下位で perl を使うものをすべてビルド
 し直さないと何か問題が起きる可能性があるかもしれないという事になるのでしょうか。

 

メールによる返信