仲村です。

On Thu, 5 Jan 2006 19:26:23 +0900,
 "kosaka" <[EMAIL PROTECTED]> wrote:

> ifconfig_wi0="inet 192.168.0.203 netmask 255.255.255.0"
> ifconfig_rl0="inet 192.168.0.205 netmask 255.255.255.0"
> defaultrouter="192.168.0.1"

 ん〜と、デフォルトルートが 192.168.0.1 で、
wi0: 192.168.0.203/24 (192.168.0.0 のネットワーク)
rl0: 192.168.0.205/24 (192.168.0.0 のネットワーク)
ということは、wi0 からも rl0 からもデフォルトルートへパケットを
送ることができます。
これだと、デフォルトルートが 2 つあるようなもので結局どちらへ
パケットを送って良いのか決められません。 (Windows だと Metric で決められます)

絵にするとこんな感じ。
              +-------+
              |router |
              +-------+
                  |192.168.0.1/24
                  |
                +-+-+
           (wi0)|   |(rl0)
192.168.0.203/24|   |192.168.0.205/24
            +------------+
            |vaio.bsd.net|
            +------------+

どちらか一方が生きていれば通信できますから、
FreeBSD に「もう一方は要らない」と思われても仕方ないでしょう。
ネットワーク構成の見直し(IP番号の振り直し)などが必要だと思います。

もし、強引に行いたければ FreeBSD を騙すために
一方の netmask を 255.255.255.255 とすれば両方とも
リンクアップするはずですが、使えるかどうかとは別問題です。
----+----1----+----2----+----3----+----4----+----5----+----6----+----7----+
 関西沖縄の集い がじまるの会 手伝い 一人だけの勝手に神奈川支部
 仲村 武 <[EMAIL PROTECTED]>
# ifconfig -l に出る順で rl0 の方が先に有効化され wi0 は既にある
# ネットワークに繋がっているからリンクが上がらない
# と言うことかな?(自信なし)

メールによる返信