こんにちは、鶴谷です。

 起動スクリプトがインストールされるpackageでは、どのような基準でどのような順に
実行されるのが正常なのでしょうか?

 www/squidを更新したところ、起動スクリプトの名前から".sh"が消されており、
その結果、起動時に実行されなくなってしまいました。

 rc(8)のman pageには、/etc/rc.d/local が local_startup 変数のディレクトリ中の
スクリプトを実行すると書かれていましたが、実際には /etc/rc.d/local は
/etc/rc.local を処理しているだけのようです。そして、/etc/rc.d/localpkg が
local_startup 変数のディレクトリ中の".sh"で終わる名前のスクリプトを
名前順に処理しているように見えます。
 また、そのman pageでは、古いスクリプトと新しいスクリプトとを区別している
ようでしたが、実際にはそれらは区別して扱われているようには見えません。
全て名前順に実行し、各スクリプトの中で /etc/rc.subr を読み込んでいるだけの
ように見えます。
 つまり、新旧の区別なく、また rcorder(8) による起動順の調整もされずに
実行されているように見えます。
 本当にそうなのでしょうか?

 rcNG化された起動スクリプトは、/etc/rc.conf で起動の可否や起動オプションを
制御できるので、便利であることは確かなのですが、起動順の制御までは
うまくできていないのがもったいない気もします。
 移行期の一時的な問題なのかもしれませんが、ずいぶん長い間こんな状態のままと
なっている気がします。何らかの方針が決まっているのでしょうか?
ご存知の方があれば、教えてください。
 よろしくお願いします。

-- 
[EMAIL PROTECTED]
E-mail: [EMAIL PROTECTED]

メールによる返信