渡辺一寛です。

At Wed, 17 May 2006 19:49:26 +0900,
Inagaki wrote:
> しかし、HDDを元のマシンに戻したら、
> Mounting root from ufs:/dev/ad0s1a
> ad0: WARNING - READ_DMA UDMA ICRC error (retrying request) LBA=191
> ad0: WARNING - READ_DMA UDMA ICRC error (retrying request) LBA=191
> ad0: FILURE - READ_DMA status=51 <READY,DSC,ERROR> error=84
> <ICRC,ABORTED> LBA=11
> root mount failed: 5
> Manual root filesystem specification
> と出て、止まってしまいます。

ATAコントローラがHDDをDMAモードでうまく扱えないようですね。
デーモン君の起動選択画面のところで

| 3. Boot FreeBSD in Safe Mode

を選択すればDMA転送が無効で起動します。このSafeモードで問題なく
起動するようなら、/boot/loader.confに

hw.ata.ata_dma="0"

と書いておけば、常にDMA転送が無効で起動するようになります。
なお上記のSafeモードはインストール時にも選択できます。

*****

あと、今から5.x系をインストールするなら、もうすぐ出る5.5-RELEASEを
入れたほうがよいと思います。
---
Watanabe Kazuhiro ([EMAIL PROTECTED])

メールによる返信