須藤です。

In <[EMAIL PROTECTED]>
  "[FreeBSD-users-jp 90409] kazehakase-0.4.4.1 が終了時に core dump する" on Sun, 04 
Mar 2007 21:58:42 +0900,
  Watanabe Kazuhiro <[EMAIL PROTECTED]> wrote:

> Web ブラウザの kazehakase-0.4.4.1 を、FreeBSD 6.2-RELEASE-p2/i386 に 
> ports-current からインストールしています。実行中の動作には問題ないの
> ですが、終了時に Segmentation fault で core dump してしまいます。

添付のパッチで直りますか?

> 以前のバージョン (確か kazehakase-0.4.3) ではこのようなことは無かった
> のですが、0.4.4.1 にバージョンを上げてから、core dump するようになって
> しまいました。

GNOMEと一緒には使っていませんよね?
セッション対応は0.4.4からの機能なので、以前のバージョンでは
この問題はなかったはずです。

Index: src/kz-app.c
===================================================================
RCS file: /cvsroot/kazehakase/kazehakase/src/kz-app.c,v
retrieving revision 1.25
diff -u -p -r1.25 kz-app.c
--- src/kz-app.c        23 Jan 2007 11:50:33 -0000      1.25
+++ src/kz-app.c        4 Mar 2007 14:27:59 -0000
@@ -435,7 +435,8 @@ dispose (GObject *object)
 #endif 
 
 #ifdef HAVE_LIBSM
-       SmcCloseConnection ((SmcConn) priv->smc_conn, 0, NULL);
+       if (priv->smc_conn)
+               SmcCloseConnection ((SmcConn) priv->smc_conn, 0, NULL);
 #endif /* HAVE_LIBSM */
 
        priv->profile   = NULL;

メールによる返信