榎原です。

はじめまして、よろしくお願いします。

現在、Server AとServer Bにおいて以下のようなことを行なっています。

Server A (FreeBSD 6.1)
        Sambaサーバ : /home/AAA/のファイル共有サービスを提供
        NFSサーバ :/home/AAA/をServer Bにファイル共有を提供(Server Bの/home/BBBにマウント)

Server B (FreeBSD 6.2)
        Sambaサーバ:/home/BBBのファイル共有サービスを提供
        NFSクライアント:ServerAのhome/AAA/を自身の/home/BBBにマウント


このときに、Windows XPから Server BのBBBディレクトリにはアクセス可能で、
Windowsで作成したファイルをコピーすることも可能なのですが、
問題は、このファイルを(Server Bの)Samba上で開こうとすると、
「XXXにアクセスできません。読み取り専用または暗号化されています。」
「XXXにアクセスできません。」
っとエラーがでてしまいます。
#Windows XPからServer BのAAAディレクトリでは読み書きできます。

なにかしらの設定が間違っているのだとおもいます。
正しい設定方法をお教え願えないでしょうか?
よろしくお願いします。


設定を以下に示します。


Server A Samba 設定
-------------
[global]
   workgroup = XXX
   server string = AAA Samba %v
   security = user
   encrypt passwords = yes
   dns proxy = no
   oplocks = no

;  guest account = pcguest

   log file = /var/log/samba.log.%m
   max log size = 50

   socket options = TCP_NODELAY
   logon script = %U.bat

[XXX]
        path = /home/AAA
        valid users = @xxx
        writeable = Yes
        create mask = 0775
        directory mask = 0775
        fstype = Samba
---------

/etc/exportsの設定
-------
/shared/TAHI /shared/TTB -maproot=0 BBB.BBB.BBB.BBB
-------

Server Bのsambaの設定
----
[global]
   workgroup = XXX
   server string = BBB Samba %v
   security = user
   encrypt passwords = yes
   dns proxy = no 
   oplocks = no
;;   load printers = no

   log file = /var/log/samba/log.%m
   max log size = 50

   socket options = SO_RCVBUF=8192 SO_SNDBUF=8192 TCP_NODELAY
   logon script = %U.bat

[XXX]
        path = /home/BBB
        valid users = 
        writeable = Yes
        create mask = 0775
        directry mask = 0775
        fstype = Samba

-- 

/etc/fstab
------
# Device                Mountpoint      FStype  Options         Dump    Pass#
(snip)
AAA.AAA.AAA.AAA:/home/AAA /home/BBB nfs tcp,rw,late       0       0

------------

お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

以上

-- 
*************************************
Hideshi Enokihara
IPv6 Business
Network & Software Development Dept.
Yokogawa Electric Corporation

メールによる返信