こんにちは、小野です。
 FreeBSD/pc98 は未経験なのですが、一応。

2、インストール・デスクにつきまして

 その後、freebsdの入ったCD-ROMから 「rawrite」で「boot.flp」をFDにコピー して、FDから再起動をかけると、インストール用のメ ニューが現れ、本にもと ずいて設定をしてから「CD-ROMからインストール」の項目 を選択してリターン ・キーを押すと、画面には「CD-ROM not  found」といったCD-ROMが見つから
ないメッセージが出てしまいます。

 これでいいと思いますが、あるいはインストール用のカーネル が、お使いのPC98のCD-ROMデバイスに対応していない のかもしれません。

 確か、CD-ROMに関するデバイスは前述の通り、コピーし てあった筈だと思い、 vzエディタでFDのconfig.sysとautoexec.bat を開こうとすると、開けなくなっ
ています。

 NECCD.SYSやMSCDEX.EXEはMS-DOS/Windowsのための CD-ROMデバイスドライバですから、ここでは関係ありません。


 (思うに、rawriteを実行してboot.flpを導入した 時点で、FDのシステムは
freebsdのものになってしまった、と素人考えで理解しました。)

 御高察の通りです。boot.flpをrawriteしたフロッピィは FreeBSDを起動するためのシステムディスクになっています。それだ けで限られた機能ですがFreeBSDが動くようになっています。 そのフロッピィに入っているFreeBSD/pc98のカーネルがお使いの PC98のCD-ROMデバイスを見つけ、そこからインストールする ようになっている筈です。

 rawriteができなくなってしまった原因は解りませんが、フ ロッピィディスクそのものの損傷か、MS-DOSの不調か、与え たパラメータ(ドライブ名等)の誤りか、その辺りでは ないかと思います。新しいフロッピィディスクでお試しになっては いかがでしょう。

 CD-ROMデバイスが見つからない場合、もしハードディスク に余裕があれば(600MB位)、そちらにFATのパー ティションを作り、CD-ROMの内容をMS-DOS/Windowsを 利用してコピーして「DOSパーティションからインストールす る」というオプションを選択する、という手もあります。ちょっと ハードディスクが無駄になりますけれどね。

 追伸
 『徹底入門』でインストールしようとしたとき、FDへのcd-rom デバィスのコ
ピー作業が無くても、インストールできました。

 前述しましたように、boot.flpの内容にFreeBSD用のCD- ROMのデバイスドライバが入っているからです。
 理論的には4.11でも同じ筈です。

 何分PC98には疎いものですから、誤っているかもしれませ ん。その折はお赦しください。

--
;; So I must go before you see me fall
;; 小野すず@平城京右京五条三坊


メールによる返信