梅本様

        本年もお世話になります。内山です。失礼しました。


<[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]> の、
   "[FreeBSD-users-jp 91336] Re: FreeBSD 6.2-RELEASE as PPPoE 
router" において、
   "Hajimu UMEMOTO 
<[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]>"さんは書きました:

>   梅本です。
> 
> >>>>> On Mon, 7 Jan 2008 10:43:49 +0900
> >>>>> Toshio Uchiyama 
> >>>>> <[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]>
> >>>>>  said:
> 
> uchiyama> 自宅で PPPoE ルーターとして使っている
> uchiyama> FreeBSD on ThinkCentre A50 を、5.5-RELEASE
> uchiyama> から 6.2-RELEASE-p9 にあげました。
> 
>   どのようにして上げられましたでしょうか?

make delete-old をすべてリターンしてました。
リターンでは、ppp-user が消えないのですね。
もう一度、make delete-old して、Y キーで
ppp-user を消しました^^)。以下の症状克服できそうです。
ありがとうございました。

> 
> uchiyama> PPPoE セッションを張るのに、/etc/rc.conf で
> uchiyama> ppp_enable="YES" を一回だけ指定しているのですが、
> 
> uchiyama> /usr/sbin/ppp
> 
> uchiyama> が二つ立ち上がり、tun0 と tun1 の両方に
> uchiyama> グローバルアドレスがバインドされています。
> 
>   6.1-RELEASE 以降で、/etc/rc.d/ppp-user が /etc/rc.d/ppp にリネームさ
> れていますが、/etc/rc.d/ppp-user の残骸が残っていたりしないでしょうか?
> /usr/src/UPDATING より:
> 
> 20060122:
>       /etc/rc.d/ppp-user has been renamed to /etc/rc.d/ppp.
>       Its /etc/rc.conf.d configuration file has been `ppp' from
>       the beginning, and hence there is no need to touch it.
> 
> uchiyama> #ipv6_enable="YES" と PPPoE 接続が両立しないような???
> 
>   どういう意味でしょうか? ipv6_enable="YES" の場合のみに、指摘の現象が
> 発生するということでしょうか?
> 
> --
> 梅本 肇 @ インターネット互助会横浜  http://www.imasy.org/~ume/
> [&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]  
> [&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;],jp.}FreeBSD.org
> プログラムは書いた人の意図ではなく書かれた通り動く  I hate Modula-3 :-)

--
Toshio Uchiyama
[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]

メールによる返信