戸川さん、あらいさん、岩本さん、アドバイスありがとうございます

From: TOGAWA Satoshi 
<[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]>
Subject: [FreeBSD-users-jp 91391] Re: csup と独自パッチ 
Date: Sat, 9 Feb 2008 13:20:52 +0900

> > csupとかと並行して自動的に自動的に独自パッチとかを当てるような標準的な
> > 仕掛けとかあれば使いたいと思うのですが、何かないでしょうか。
> 
> うちでは,最近は CVSup や csup を使わず,
> 「cvsync (net/cvsync) を使って,ソースツリーの CVS レポジトリを取得する」
> 「cvs を使って,レポジトリから /usr/src や /usr/ports を取得する」
> という方法を使っています.
> 
> /usr で src や ports を cvs checkout した後,
> /etc/make.conf で
> CVS_UPDATE=yes
> と指定しておくと,/usr/src や /usr/ports で
> # make update
> すると,そのディレクトリで cvs update が実行されます.

cvsの方をよく理解していないのですが、RELENG_6_2の指定とかはどうしたら
よいのでしょうか。また、cvsupのserverはどう指定したらよいのでしょうか?


From: tarai 
<[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]>
Subject: [FreeBSD-users-jp 91392] Re: csup と独自パッチ 
Date: Sat, 9 Feb 2008 16:56:13 +0900

> kernelについては、 csup を手動で呼んでいるのであれば、csupを稼動させたあとに
> patchを当てるようなシェルスクリプト( kuro_csup.sh とか?)を組んで、
> そちらを呼ぶようにするのも一手かなあと思います。patch用ファイルは /usr/src などの
> 外においておくのが手堅い?
> いつpatchが当たらなくなるか分からないので、cronで仕掛けるのはおすすめ
> しませんが……

かなり直接的な方法ですね。
他にうまいアイディアが出てこない場合はこれを採用したいと思います。

さすがにcronを使う場合はpatchが正常に動いたかどうかを監視して失敗した
らemailを送るような仕掛けを組み込みたいと思います。


From: IWAMOTO Kouichi 
<[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]>
Subject: [FreeBSD-users-jp 91396] Re: csup と独自パッチ 
Date: Sun, 10 Feb 2008 21:00:15 +0900

> > 同じような話でportsにあるものについても、bug fixのpatchを手動で当ててい
> > るのがあるのですけど、これもportsのcsupののちに「portupgrade -a」とかし
> > たときに、当然のことながら手動パッチなので、パッチ内容が反映されておら
> > ず、改めて当てて作り直しになります。これも自動的に何とかなると嬉しいの
> > ですが…
> 
> filesの下に、patch-zz-hogehogeのような重ならなさそうな名前でパッチを置く
> のはどうでしょうか?

こちら実験しました。
csupで上書きされることなくうまく行きました。
運悪く、同じファイル名を今後に使われない限り大丈夫そうです。
ありがとうございました。

青木和麻呂@東京都在住

メールによる返信