こんにちは、鶴谷です。

"bsd" 
<[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]> さん>

> 他のソフトを ports より、インストールすると、システム起動時に、
> PPPの起動に失敗するようになることが多いです。
> PPPの起動に失敗するようになった場合、理由はわかりませんが、
> 
>  (1) pkg_deinstall bash にて、bash を削除。
>  (2) 削除後、再度、bash を make install する。

これはどうも腑に落ちません。
bashがインストールされていようとも、それを使っているユーザがいなければ
関係ないはずです。
rootのログインシェルにしていれば別ですが、そうでも無いらしいですし。

> ppp_user の値は root です。
> root($ppp_user)のログインシェルは、当初は bash でしたが、
> 問題が発生する度に、bash の再インストールを行わなければならず、
> bash 削除前に chsh をするのが面倒になった為、
> 現在は、ksh(pdksh) にしています。

kshはlibintl.soに依存していないので、問題は起きないはずです。
もしもrootのログインシェルをbashにしていると、/etc/rc.d/pppの実行時に
"su -m ..."が「rootのシェルがきちんと使えること」を要求するはずなので、
そこで失敗します。

> > ただ、それだと、
> > ・なぜ6.3にしてから発現したのか?
> 
> IBM ThinkPad X24 を使用していますが、コンソール画面で bash を
> 使用すると、6.2 の時は特段何もありませんでしたが、6.3 にして
> からは、バックスペース・キーを押した時などに画面が乱れるように
> なってしまいました。(kon を使用すれば問題ありませんが)

この原因はわかりませんが、pppについては、6.2p8から6.3の間に
pppでsuを使うように変更されたためにこうなったはずです。
以前は常にrootで起動され、/bin/shが使われていましたから、問題は起きません。

> > ・なぜ今は解決しているのか?
> 
> 前述の通り、解決しておりません。

rootのログインシェルをkshにしているのなら問題ないはずなのですが...
まだどこかで(誰かが)bashを使っているのではないのですか?

-- 
鶴谷 直樹
E-mail: 
[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]

メールによる返信