#FreeBSD には大いに満足しつつ、少々の不満もかかえ、
#add hock な対応でお茶を濁す日々・・・。

SeaMonkey, Firefox に共通なんですけど、以下 Firefox 限定で説明します。

Firefox インストール直後は正常です。

リブート後、SSL通信とパスワード管理がダメになります。

対応方法
1. ports/security/nss
    で make deinstall && make reinstall
    (これで直る可能性が30%ぐらい?)

2. port/www/firefox
    で make deinstall && make reinstall
    (100%直る)

3. ~/.mozilla を退避して、新たに ~/.mozilla を作らせる。
    (100パーセント直るが、意味がない。)

6.3-p1、7.0 共通です。

1. と 2. では、常にビルド済みの work ディレクトリを用意しています。

上記のようなことで、どこが悪いのか見当もつきません。

なにか、思い当る方、よろしくお願いします。

「わか」

メールによる返信