高津です。

私の所でも FreeBSD 5.4-RELEASE 機が時々 kernel panic を起こしていたのですが、
ちょっと前にルーター(yamaha製)のファームウェアをアップデートしたところ、
ピタリと症状が出なくなりました。
(元々、kernel panic の原因がわからない状況で、ルーター側のトラブル対策で
行ったので、怪我の功名って感じ。)

あと、
・メモリ不良で kernel panic が頻発
 (Windowsでは問題なく動作していたのがFreeBSDを入れると不調で、
 memtest86 でメモリが悪いと判明し、メモリ交換で復旧)

・CPU高負荷時に kernel panic が頻発
 (CPUファンが止まっていた。ファン交換で復旧)

といったのも体験したことがあります。

私の体験では、kernel panic はソフトウェアよりも、ハードウェア的な原因で
発生することが多い感じです。

PROJECT TEAM DoGA 高津正道                            
[メールアドレス保護]
                     PROJECT TEAM DoGAのホームページ → http://doga.jp/
8月20日(水) 今日のマーフィーの法則    [プログラミングの第1法則]
稼働中のコンピュータプログラムは、すでに時代遅れである。

メールによる返信