大場@自宅です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3
上記リンク先をご覧になって頂ければ理解いただけると思いますが。
FreeBSDがどう以前に、5つ目以降の区画追加等は行なえません。
BIOSという起動プログラムと、歴史的・規格的な制約です。

FreeBSDでは、1パテーション区画をスライスと呼びます。
そのスライス内を更に分割管理できる機構が備わっている為
ただ1つの空き区画があれば、インストール可能です。


Linux側の理解も多少ありますが、こちらのML上で扱う内容では
ありませんので、簡略説明します。

おそらく「 /boot , (SWAP) , / 」とLinux系通常インストールにて
3区画を消費し、MS系OSとの共存を加えて
区画の空きを使い切った状態なのかな?と思われます。

LVM推奨なディストリビューションであれば、「SWAPと/」が
LVMに内包され、2区画の消費で済んでいることと思われます。
FreeBSDのスライス管理に似ていますが、全然違う物です。

主に考えられる今後の対処方法は以下

・Linuxを消す、もしくはLVMを活用し使用区画を減らす。
・メモリが十分ある場合、Linux利用のSWAP区画を省略する。
・物理的に起動可能HDD等を増設する。
・仮想マシン環境を構築する。(簡単なところでVMware,VirtualPC等)

等で区画の空きを増やしてから、挑戦してみてください。
実行方法等詳しくは検索等でお調べください。

以上です。

メールによる返信