From: mits...@zebu.riken.go.jp
Subject: [FreeBSD-users-jp 92598] Re: w -n?
Date: Tue, 17 Nov 2009 17:12:45 +0900

> > それで FreeBSD 4.11 の w.c は -n 指定時わざわざそれを
> > gethostbyname(3) して inet_ntoa(3) して表示しています。
> > -n の動作は「逆引きしない」ではなく「正引きして表示する」が実情なようです。
> > 
> > 7.2R のコードではその部分がそっくり存在しないような気がします。
> 
>  http://www.jp.FreeBSD.org/cgi/cvsweb.cgi/src/usr.bin/w/w.c
> 
> を見ると、Revision 1.48 で変更が入ったみたいですね。

5 系から変わったんですね。かなり古い……
なんで今ごろ気付くかな。

> 理由は、
> 
> When -n is specified, don't attempt to turn hostnames found in utmp
> into addresses as we have no idea what address family they belong to.

まあもっともな話ですね。


ところで、-n で逆引きしないコマンドっていくつかありますが、

arp
ndp
netstat
ntpq
ntpdc
tcpdump
traceroute, traceroute6
w

まだあるでしょうか?


神田

メールによる返信