> 感想などを別便で.

1. pcib1 のプローブのあとフリーズする.options pci をコメン
   トにして対応.
   http://lists.freebsd.org/pipermail/freebsd-arm/2009-May/001687.html
   誰か詳しい人が sys/arm/mv/orion/kuroboxpro.c を用意してく
   れることに期待.


2. USB メモリ上のルートファイルシステムを起動時にマウントし
   たいが da0 として認識されたり,されなかったりする.
   http://lists.freebsd.org/pipermail/freebsd-current/2009-October/012361.html
   に続くスレッドから他のアーキテクチャを含めた問題のような
   ので早晩,解決されそう.


4. ルートファイルシステムは,picobsd(8) や nanobsd(8) を使っ
   てコンパクトにできそう.請う解説.


5. KUROBOX-PRO の NAND フラッシュは JFFS2 だからルートファイ
   ルシステムのイメージを置いても取出せない?


6. ルートファイルシステムを*そのまま*フラッシュメモリにイン
   ストールすると,書き込みに非常に時間が掛ることに気付く.
   フラッシュに特化したファイルシステムの登場に期待.

   USB アダプタを使って microSD にルートファイルシステム
   約(221M)を書き込んだ場合の例,

      K社 (2GiB)
      # time tar zxf /home/toshi/rootfs.tgz
      real      161m12.463s
      user      0m1.101s
      sys       0m9.562s

      T社 (1GiB)
      # time tar zxf /home/toshi/rootfs.tgz
      real      35m16.119s
      user      0m1.403s
      sys       0m6.935s


7. Wiki に情報追加して.
   http://wiki.freebsd.org/FreeBSDMarvell


8. ports/packages はどうなってる? パッケージを用意している
   ところはある?


9. TFTP ブートして U-BOOT プロンプトから NAND を書換えること
   はできるか? その他のボードでは cp.b でバイト・コピーする
   ことで書換えられるものもあるみたい.


0. 作業環境として VirtualBox が威力を発揮した.
   VirtualBox を VBoxHeadless で起動し,リモート・ログインし
   て作業した.必要なら ports/net/rdesktop などでリモートデ
   スクトップを使うこともできる.


BeagleBoard や 玄柴,そして Android へと,攻めていってほしい.

齊藤@湖西市  それにしても長かったし、ごめんなさい <(__)>

メールによる返信