稲員です。

On Fri, 16 Apr 2010 11:32:18 +0900
もじもじ <mojimoji...@yahoo.co.jp> wrote:

> > >     % grep __FreeBSD_version /usr/include/sys/param.h
> > 
> > # grep __FreeBSD_version /usr/include/sys/param.h
> >  * __FreeBSD_version numbers are documented in the Porter's Handbook.
> > #undef __FreeBSD_version
> > #define __FreeBSD_version 702106        /* Master, propagated to newvers */
> > 
> > > の実行結果はどうなりますか?
> > > もし __FreeBSD_version が 702104 以上の値になっているなら、ユーザーランド
> > > が closefrom(2) 導入後のものになっているのだと思います。あと、
> > 
> > みたいです・・・どこでどうなったのやら・・・
> 
> と思ったら・・・
> http://www.freebsd.org/doc/en/books/porters-handbook/freebsd-versions.html
> によるとソースツリーは 7.2 だけど、closefrom が入ってる・・・
> 
> これはどう解釈したらいいのでしょうか?

いや、ですから closefrom(2) は 7.2R と 7.3R の間で MFC されたんですよ。
__FreeBSD_version 順にならべると、

    702000(2009/04/15)  -- 7.2-RELEASE
    702104(2009/07/14)  -- MFC: closefrom(2) ready!
    702106(2009/09/14+) -- your system userland
    703000(2010/02/09)  -- 7.3-RELEASE

となります。おそらく、件のソースツリーは 2009/09/14 から 2010/02/09 までの
どこかの時点の RELENG_7 枝のソースなのでしょう。

ところで、既に件のソースツリー上で buildworld & buildkernel されている
ようですが、それならその kernel を installkernel すれば、とりあえずの
問題は解決しそうに思えます。 (installworld は多分不要)
最終的に最新版に上げるかどうかは別として。

-- 
Rikito INAKAZU <riki1017k...@gmail.com>

メールによる返信