重村法克です。

On Tue, 27 Dec 2011 05:16:51 +0900
TOKITA Miki <tokit...@nifty.com> wrote:
> とりあえずBCDloaderでの起動を試してみたかったんですが、Windowsを起動する
> 方法が見つからなかったので、これからgrubでの起動を試してみます。
> わかってる人にはなんてことのない作業なんでしょうが、9.0-RELEASEがでたら
> 需要があるような気がするので、うまくいったら報告します。

        Let's Note CF-R9 ユーザーですが, BCDloader 経由で FreeBSD 立ち
        上げる設定を楽しんでいます。今回 MBR が変更済みなため, その対
        応についてはコメントできませんが…。

        BCD の場合, ブートローダー(確か /boot/loader だったかな)を NTFS
        上に持ってきて設定する必要があるのですが, FreeBSD 側の更新を
        NTFS 上に持ってこないといけないなど面倒な作業があります。その
        あたり EasyBCD というツールで管理するとメニュー管理含め楽がで
        きます。

        http://neosmart.net/EasyBCD/

        EasyBCD 使うと FreeBSD がブートできるようになるのは, EasyBCDが
        いわゆるチェインローダー(c:\NST\nst_linux.mbr にインストールさ
        れる)を提供していて, そこから普通に boot0->boot1->boot2->loader
        の順番で立ち上がるためです。極めて汎用性が高いです。

        BCDloader の欠点は前回起動した OS (パーティション)で立ち上がっ
        てくれない。という点でしょうか。


        ちなみに GPT には MBR のようなマルチブートの仕組みが無いです。
        これも BCD と同じく, NTFS の代わりに EFI パーティション上にブー
        トローダー持ってきて EFI BIOS 上で起動するといった手順になるの
        ですが, マザーボードがそのあたり対応してるのかといったところで
        非常に取り扱いが難しいです。Windows との共存問題もありますし。

        FreeBSD の GPT ブートローダーは boot0 をうまく細工してて事実上
        MBR ブートの一種となっています。こいつは MBR でなく GPT パーテ
        ィションを見て FreeBSD 領域を探すということをしています。

        以上よろしくお願いいたします。

-- 
重村法克 <n...@ninth-nine.com>

メールによる返信