平野@金沢大です。xrdpの話題が出てきたので…

 xrdpでWindowsからFreeBSDに接続すると、キーボードが
不審な挙動を示すことがあります。

 100%確実に再現する方法はわかりませんが、例えば、
「Ctrl+d」や「Shift+d」を入力し、キーから手を離すと、
「ddddddd…」の如く、同じ文字が繰り返し入力されます。

#viでうっかり「Ctrl-D」でも押そうものなら…  (g_g)

 Googleで検索すると、同じ症例は見つかりましたが、
解決策は発見できませんでした。UNIX側がCentOS 6.0
であればこの現象は発生していないので、FreeBSD固有の
問題かもしれません。

 何の問題かよくわからないのですが、下記の環境です。

        Windows 7/64bitのリモートデスクトップ

        FreeBSD 8.0-RELEASE i386

        xrdp 0.6.0.20110117
        (5月16日頃にportsnapで更新したportsから)
----
平野晃宏@金沢大学 大学院 自然科学研究科 電子情報科学専攻
hir...@t.kanazawa-u.ac.jp

メールによる返信