# やはり Power Edge 850でしたか...

In <86r4lveuh0.wl%md...@luna.wak2.jp>
 at Tue, 08 Jan 2013 21:21:15 +0900
Re:[ [FreeBSD-users-jp 94086] Re: FreeBSD9.1-RC の load 値  ]
 "Dobashi.M"<md...@luna.wak2.jp> wrotes:
<CuT>
md440> つまり 8.3では
md440> kern.eventtimer.timer=LAPIC
md440> を設定しなくても正常だが、9.1では 必要になる。ただ
md440> hint.hpet.0.allowed_irqs="0x00200000"
md440> などと IRQの割り当てを行う方法もあるが...
md440> 
md440> > last pid:  1341;  load averages:  0.47,  0.49,  0.41    up 0+00:19:43  
09:14:22
md440> > となります。hint.hpet.0.allowed_irqs="0x00400000"でIRQ22を割り当てても
md440> >
md440> > irq22: hpet0 uhci1                166180        161
md440> >
md440> > となり、load もさほどかわりません。
md440> ...
md440> > CPU: Intel(R) Pentium(R) D CPU 3.00GHz (3000.17-MHz 686-class CPU)
md440> 
md440> ...と、CPU(新しいもの?)によっては それでは変わらないので、やはり
md440> kern.eventtimer.timer=LAPIC
md440> とした方が良い、と言う事でしょうか?

  ってことでしょう。

 今回の件、調べている過程で、HPETは、FreeBSD6の頃導入さ
れFreeBSD 9からtimerとして採用されたような記述があったよ
うに記憶しています。KERNCONFでの切り離しやtimer指定できな
いかとも考えましたが、まだその方法についてはわかっていま
せん。

なので、今のところ、このload 値の問題の解決策としては

kern.eventtimer.timer=LAPIC

だけが有効のようです。

---
Oniuda

メールによる返信