** Description changed:

  引数を省略しなかった場合に正しく機能しない式を使用している関数が存在する
  
  ARG = ARG == -2 ? TARGET # MASTER
- 上記のような式の場合、TARGETを省略しないと引数はMASTERとして扱われてしまう
+ 上記のような式の場合、引数を省略せずTARGETとしてしまうと引数はMASTERとして扱われてしまう
  これは省略する、しないに関わらず同じように機能すべきものと考える
  故に類似の式を用いた関数類は、より望ましい形に修正する

-- 
You received this bug notification because you are a member of
reverse_dev, which is subscribed to Project_Reverse.
https://bugs.launchpad.net/bugs/1414114

Title:
  キャラ番号による指定に潜在的不具合を抱えた関数類

Status in eratohoЯeverse:
  In Progress
Status in Project_Reverse 1.0 series:
  In Progress

Bug description:
  引数を省略しなかった場合に正しく機能しない式を使用している関数が存在する

  ARG = ARG == -2 ? TARGET # MASTER
  上記のような式の場合、引数を省略せずTARGETとしてしまうと引数はMASTERとして扱われてしまう
  これは省略する、しないに関わらず同じように機能すべきものと考える
  故に類似の式を用いた関数類は、より望ましい形に修正する

To manage notifications about this bug go to:
https://bugs.launchpad.net/eratohoreverse/+bug/1414114/+subscriptions

-- 
Mailing list: https://launchpad.net/~reversedev
Post to     : reversedev@lists.launchpad.net
Unsubscribe : https://launchpad.net/~reversedev
More help   : https://help.launchpad.net/ListHelp

メールによる返信