[FreeBSD-users-jp 93381] Re: 8.2-RELEASE の xorg

2011-03-01 スレッド表示 Kouichi Hirabayashi
なんと CD からなのです。問題も1つではないようで、今度は DVD も 試してみようと思います。 当然だとは思いますが、DVD も同じでした。自分でコンパイルする人 が少ないのかもしれませんね。今日の ports-current で一部は直り ましたが、まだ devel/dbuf-glib がダメなようです。 あと、ネットワークインストールもできなくなってしまっているよう です。 平林 浩一

[FreeBSD-users-jp 93382] Re: 8.2-RELEASE の xorg

2011-03-01 スレッド表示 Dobashi.M
At Tue, 1 Mar 2011 17:03:46 +0900, Kouichi Hirabayashi wrote: ... 今日の ports-current で一部は直り ましたが、まだ devel/dbuf-glib がダメなようです。 数日前から # csup -g -L 2 /etc/stable-supfile # make buildworld # make buildkernel ... などを行い 8.1から 8.2にupしています。 % uname -v FreeBSD 8.2-RELEASE #0: Sat Feb 26 16:13:04 JST

[FreeBSD-users-jp 93383] Re: gmirror の HDD 容量について

2011-03-01 スレッド表示 長谷川 博
長谷川です。 私もgmirrorを使っていて気になったので実験してみました。 8.1Rです。 1.4Gの仮想ディスクを2本つくって2GBと4GBのパーティションをそれぞれに作成。 2.gmirrorで2Gと4Gのパーティションから2GBのボリュームを作成。 3.gmirror deactivateで2GBのproviderを止める。(DEGRADE) 4.gmirror forgetでCOMPLETEに戻す。 5.2GBのパーティションをつくり直して4Gにする。 6.新しい4GBのパーティションをinsert、リビルドされる。 結果、最初に作成されたボリュームが2GBなので、

[FreeBSD-users-jp 93384] Re: gmirror の HDD 容量について

2011-03-01 スレッド表示 Nakamura
長谷川さん 実験までしていただきありがとうございます。 問題ないようです。 ただ、構成しているディスクが300GB+500GBでも ボリュームサイズは作成時のままの250GBです。 metadataの定義のコメントを見る限りでは初期構成時の 最小のディスクのサイズを記憶しているようですね。 これは、理解していたとおりです。 次々に容量の大きなHDDに入れ替えても、最初の250GBのままですね。 さて、2年ほどまえでしたか、250GBのHDDでサーバを立てていましたが、友人 が250GBのHDDを2台買ったが、1台要らなくなったのであげると言って、貰って きました。

[FreeBSD-users-jp 93385] Re: 8.2-RELEASE の xorg

2011-03-01 スレッド表示 Kouichi Hirabayashi
8.1 から 8.2 に uodate すると欠けているファイルが残って dbus-glib-0.88 は更新出来ているようです。 うまくゆくのかもしれません。私の場合は CD, DVD からのク リーンインストールで、最初に x11/xorg をコンパイルした 結果で、/usr/local/include/glib-2.0/gobject/ がごっそり 抜けているとか、ひどい状態です。 平林 浩一

[FreeBSD-users-jp 93386] Re: 8.2-RELEASE の xorg

2011-03-01 スレッド表示 Dobashi.M
At Wed, 2 Mar 2011 08:36:04 +0900, Kouichi Hirabayashi wrote: 結果で、/usr/local/include/glib-2.0/gobject/ がごっそり 抜けているとか、ひどい状態です。 当方の ports/x11/xorgは # $FreeBSD: ports/x11/xorg/Makefile,v 1.33 2011/02/25 16:52:25 miwi Exp $ ですので、ぎりぎり変更後だったようです。 ちなみに、そこで # make pretty-print-run-depends-list をすると

[FreeBSD-users-jp 93387] Re: gmirror の HDD 容量について

2011-03-01 スレッド表示 長谷川 博
長谷川です。 Nakamura yn...@uls.fam.cx wrote: snip metadataをいじくるツールでもあれば、数セクターの差なら救済できそうです が、細かいことにこだわり過ぎでしょうか。 メタデータがいじれたとしてもボリューム内のufsのサイズを 変更しなければならないので面倒なことにはかわりないです。 パーティション切ってれば、それも変更が必要。 growfsとgmirrorの破棄、作成を上手く行えばufsサイズ変更、 ボリュームサイズ変更はできなくはないですが 危険なのでバックアップが必須 - それなら再構成で良いのでは、 ということになりそうです。

[FreeBSD-users-jp 93389] Re: gmirror の HDD 容量について

2011-03-01 スレッド表示 Nakamura
長谷川さん zfsはボリュームの縮小以外のこの手の問題に上手く対応してますね。 # メモリの少ない古いマシンで利用できないのが難点 ;- やはり、今後はzfsを考えた方が、自由度があってよさそうですね。 これから、ちょっとトライしてみようと思います。 それにしても、ありがとうございました。 gmirrorで疑問に思っていたことが、だいぶ分かってきまし、zfsに移行する トリガーになったような気がします。 -- 中村 : yn...@uls.fam.cx

[FreeBSD-users-jp 93388] tcsh の .history ファイル

2011-03-01 スレッド表示 Osamu Matsuda
お世話になっております。 もうずいぶん以前(少なくとも2007年頃には)からなのですが、tcsh で .history ファイルが巨大化する現象で困っています。あまり原因の切り分けが 出来ていないのですが、コマンドラインで日本語ファイル名を指定すると .history ファイル中の該当部分が文字化けした長大な行として記録されてしま います。これを繰り返しているうちに.history ファイルが何100MBにもなって しまい、最終的に tcsh を起動できなくなってしまいます。 tcsh は EUC で使っていてシェル変数の関係ありそうな部分は以下のようなも のです。 dspmbyte

[FreeBSD-users-jp 93390] Re: gmirror の HDD 容量について

2011-03-01 スレッド表示 Akihiro HIRANO
平野@金沢大です。 From: Nakamura yn...@uls.fam.cx しかし、単に240GBしか使わないようにFreeBSDにパーティションを切ってもダ メなのは、後の実験で分かりました。  スライス単位でミラーを構築すれば、ディスクサイズより小さいgmirror構成 ができます。例えば、 %/sbin/gmirror status NameStatus Components mirror/gm0 COMPLETE ad0s1 ad1s1

[FreeBSD-users-jp 93391] Re: 8.2-RELEASE の xorg

2011-03-01 スレッド表示 Kouichi Hirabayashi
# make pretty-print-run-depends-list をすると This port requires package(s) ...dbus-glib-0.88 ... glib-2.26.1_1... to run. などですが、CD | DVD版はいかがでしょう? dbus-glib-0.88 と glib-2.26.1_1 はの依存関係は同じです。 package から xorg を入れると欠けているファイルも入ります から、glib20 はだめですが、dbus-glib はこんぱいるできる ようになります。 平林 浩一

[FreeBSD-users-jp 93392] Re: gmirror の HDD 容量について

2011-03-01 スレッド表示 Nakamura
平野さん 中村です。 ありがとうございました。 こんな簡単なことだったのですね。 gmirrorはドライブ全体で行うものとばかり思い込んでいました。 それで、見かけのドライブサイズをいじれないかと・・・。 ほっとしました。 中村  スライス単位でミラーを構築すれば、ディスクサイズより小さいgmirror構成 ができます。例えば、 %/sbin/gmirror status NameStatus Components mirror/gm0 COMPLETE ad0s1 ad1s1