松尾です。

> 前述の変更をする前であれば、直前に挿入したIDと比較するだけで
> 検出ができると思います。ただし、変更後はRTされたtweetのIDは
> 整列されなくなりますから、もう一ひねりする必要がありそうな
> 気がします。

すみません。よく考えてみたらtwittering-render-timelineは
twittering-timeline-dataがIDの順に整列されているのを
前提とした実装になっています。

現在のHEADでは、取得したtweetの中に古いtweetに対するRTが
あると、取得したtweet中のそれ以前のtweetもまとめて古い場所に
挿入されることになります。

この際なので以下のように変更したいと思います。

・twittering-timeline-dataのソートもIDベースのものに変更
・RTについてはRT時のIDを持たせる
  (RT元のIDをsource-idとして持たせる)
・新規RT取得時に、同じsource-idを持つtweetが既に
  取得済み(twittering-timeline-dataに存在する)場合には
  追加しない。

---
松尾 直志 <t...@mymail.twin.jp>

------------------------------------------------------------------------------
The Planet: dedicated and managed hosting, cloud storage, colocation
Stay online with enterprise data centers and the best network in the business
Choose flexible plans and management services without long-term contracts
Personal 24x7 support from experience hosting pros just a phone call away.
http://p.sf.net/sfu/theplanet-com
_______________________________________________
twmode-users mailing list
twmode-users@lists.sourceforge.net
https://lists.sourceforge.net/lists/listinfo/twmode-users

メールによる返信