松尾です。

githubのmaster branchにreply先を取得するコマンドを追加しました。

これまでもreply先が既に取得済みであれば、reply上で r を入力する
ことで展開表示させることができましたが、今回の変更でreply先を個別に
取得する機能が追加されました。
以前のように、reply先のuser timelineを開く必要はありません。

今回の変更では r 自体の機能はそのままに、新しい関数
twittering-toggle-or-retrieve-replied-statuses を追加しています。
この機能はreply、もしくは展開表示されたreply系列上で R を入力する
ことで実行できます。

基本的な機能は以下の通りです。
・reply系列を展開表示していない、もしくはreply系列内の取得済みtweetの
  内、非表示のものがある場合は、取得済みtweetを最大限使ってreply系列を
  表示します。
・カーソルがreply上にあり、そのreply先がまだ取得されていない場合はそれ
  を取得して表示します。
・カーソルがreply、もしくは展開表示されたreply系列上にあり、表示されて
  いるreply系列内で最も古いreplyのreply先がまだ取得されていない場合は、
  それを取得して表示します。
・カーソルがreply、もしくは展開表示されたreply系列上にあり、reply系列の
  全てが展開表示されていてそれ以上辿れない場合は、reply系列を非表示に
  戻します。

NEWS、NEWS.jaもご参照ください。

基本的な使い方は
1. R を繰り返し入力して見たいtweetまで表示させる。
2. r を入力して展開表示を閉じる。
   (reply系列が全て表示されているならRでも閉じられます)
のようになると思います。

---
松尾 直志 <t...@mymail.twin.jp>

------------------------------------------------------------------------------
This SF email is sponsosred by:
Try Windows Azure free for 90 days Click Here 
http://p.sf.net/sfu/sfd2d-msazure
_______________________________________________
twmode-users mailing list
twmode-users@lists.sourceforge.net
https://lists.sourceforge.net/lists/listinfo/twmode-users

メールによる返信