小金丸です。

FreeBSD 9.0 以降で、catpages 形式のみをインストールすると
man コマンドで正常に表示できないと、使用者から連絡がありました。

>Date: Thu, 27 Feb 2014 06:26:19 +0900 (JST)
>From: n-kog...@syd.odn.ne.jp (Nobuyuki Koganemaru)
>
>小金丸です。
>
>pkg add に -f オプションを付けて実行すればインストールできます。
>
>例: pkg add -f 
>ftp://ftp.koganemaru.co.jp/pub/jman10/ja-cat-doc-10.0.20140227.txz
>
>環境変数 LANG が ja_JP.eucJP に設定してあるなら、
>/usr/share/man/ja を /usr/share/man/ja_JP.eucJP に変更するか、または
>ln -s /usr/share/man/ja /usr/share/man/ja_JP.eucJP を行えば、
>マニュアルが表示できるようになります。
>
>これで、特に日本語 groff、日本語 man コマンドを追加しなくても日本語
>マニュアルを表示できます。ただしページャとしては jless をインストールして
>いたほうがよいでしょう。

調べたところ 9.0 以降の man は、シェルスクリプトとなっており、
次の「くぼ」さんパッチを当てると表示できるようになります。

.\" ---- ここから ----
--- /usr/bin/man.orig   2014-02-14 01:56:37.000000000 +0900
+++ /usr/bin/man        2014-02-28 22:41:36.000000000 +0900
@@ -176,7 +176,7 @@
                catroot="$catroot/$3"
        fi
 
-       if [ ! -d "$manroot" ]; then
+       if [ ! -d "$manroot" -a ! -d "$catroot" ]; then
                return 1
        fi
        decho "  Searching directory $manroot" 2
.\" ---- ここまで ----

また、/usr/share/man/ja に man? ディレクトリを作成すれば、元の man コマンドでも
表示できます。

# cd /usr/share/man/ja
# mkdir man1 man2 man3 man4 man5 man6 man7 man8 man9

いすれも、root で実行してください。

--
小金丸コンピュータエンジニアリングサービス (福岡県大野城市)
        小金丸 信幸 (Nobuyuki Koganemaru)
E-Mail: n-kog...@syd.odn.ne.jp
E-Mail: kog...@jp.freebsd.org
E-Mail: kog...@koganemaru.co.jp
URL: http://www.koganemaru.co.jp
_______________________________________________
freebsd-users-jp@freebsd.org mailing list
https://lists.freebsd.org/mailman/listinfo/freebsd-users-jp
To unsubscribe, send any mail to "freebsd-users-jp-unsubscr...@freebsd.org"

メールによる返信