[EMAIL PROTECTED]
# やや脱線になってしまいますが・・・.

On 1/4/06, Yoshihiko Sarumaru <[EMAIL PROTECTED]> wrote:
> > [3]/etc/start_if.wi0 を新規作成し、以下を追加
> > ※設定しているWEPKEYは、128bitの英数字13文字です。
> > wicontrol -i $wi0  -n "ESSIDを入力"
> > wicontrol -i $wi0  -k "WEPIDを入力"
> > wicontrol -i $wi0  -e 1
>
>   たぶん $wi0 っていう変数は設定されてないので、これでは設定され
> ないはずです。やるとしたら $1 かと思いますが、これだと直接シェル
> 上から実行するときに設定されなくなるので、ファイル名から
> interface名を取り出すようなコードを先頭に書くか、wi0 と即値で書
> いておくべきでしょう。
> また、wicontrol を使わずに
> ifconfig wi0 ssid ESSID
> ifconfig wi0 weptxkey 1 wepkey 1:WEPKEY
> ifconfig wi0 wepmode on
> と書くのがいまの流儀かもしれません。wi なら wicontrol でもいいで
> すが、最近の ath とか iwi なデバイスは wicontrol 相当のものが(た
> ぶん)ないので。

/etc/rc.conf の ifconfig_wi0 の指定で ifconfig の起動時指定ができるの
で,/etc/rc.conf で
ifconfig_wi0="inet 192.168.0.100/24 ssid ESSID weptxkey 1 wepkey
1:WEPKEY wepmode on"
とした方が設定が分散せずメンテしやすいかと思います.

それでは失礼します.

--
藍澤 雄一郎 <[EMAIL PROTECTED]>
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程2年  清木康研究室
慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構 非常勤研究員
http://www.yaizawa.jp/  &&  http://mixi.jp/show_friend.pl?id=21404

メールによる返信