重村法克です。

        なんだか本質的なところが忘れ去られてるらしいので一言(というほど
        少なくないけど…(^^;)。

        1. ソフトウェアインストールするならドキュメント読みましょう。
        2. ドキュメント無いならソース読みましょう。

        ※ここまではソフトウェア利用の上で鉄則です。
          バイナリが一個置いてあって, ドキュメントも何も無いソフトウェ
          アで, しかも, 誰も知らないものであったら, 使いたいと思います
          か? :-)

        3. ports は「インストール支援システム」です。一定のメソッド(make
           install)でソフトウェアのインストールができるだけです(アンイン
           ストールもできますが:-)。

        
※http://www.jp.freebsd.org/www.FreeBSD.org/doc/ja_JP.eucJP/books/handbook/ports-overview.html

        4. どうインストールできるかはソフトウェアの都合によります。く
           わしくはドキュメント読みましょう。
        5. その上で ports 的にどうインストールできるかは Makefile 読み
           ましょう。もちろんハンドブックによりメジャー(?)なところは文
           書化されています。
        6. よって「お約束」あるいは「作法」があります。身につけること
           ができるなら, こんな便利な道具はそうそう無いです:-)。

        以上。

メールによる返信