川端@JIPPGです。

私の意見ですが、

>(3)ソフトウェアRAIDを使う気にはならない(後藤さん)。

ハードウエアRAIDというか、RAIDサブシステムと比較すると設定が面倒とか
どんなケースでもクラッシュしたとき大丈夫かを考えると、RAIDサブシステム
を使うのがベターですが、コストの要求が厳しい場合はソフトウェアRAIDも私
は選択肢のひとつです。

>(4)ソフトウェアRAIDなら、RAIDカードは無駄(佐久間さん)。

これは言えてます。PromiseとかHighpointなどの安いRAIDカードは
BIOS ROM搭載の単なるATA I/Fカードです。言い過ぎ?

安いRAIDカードを使うなら、マザーボードに標準搭載されているATA I/F
で atacontrolを使って何ら変わりなくRAIDが使えます。

マザーボードについているATAがパラレルだとRAIDが壊れたときにBIOSで
ブート順序を変えないとブートできないこともあるかも知れませんが、
ソフトウェアRAIDカードもどうせ、RAIDが壊れているときにリブートして
しまうとHit any key! とか画面に出してBIOSでキー入力待ちになって
しまいますから、同じですし。

ソフトウェアRAIDカードの利点はRAIDの作成がカードのBIOSメニューで
簡単にできるという一点に尽きると思います。

>また、ソフトRAIDのカードとハードRAIDのカードの見分け方が今一よく解りませんが、

PCIに挿すタイプだとカードを見てCPUやメモリが載っているかどうかがひとつの
目安になると思います。

本体のCPUとドライバーソフトウエアでRAIDを制御しているか、カード上のCPUが
制御しているかの違いで、私は見分けてます。。。




-- 
Kouji Kawabata - JIPPG 
http://www.jippg.org/
gopher://gopher.jippg.org

メールによる返信