柳澤です。

島田 増貴 wrote:
> ■fsck実行時のエラー
> 
>  fsck実行時にエラーが出ており困っています。
> 
>  fsckを実行すると
>  SALVAGE? no
>  のように表示されますが、これに対してYを入力するようにできません。
>  自動的にnoとなってしまいます。これを回避する方法はありませんでしょうか。

一瞬、シングルユーザーモードでfsckして勝手にnoと書かれるのかと
思って?となってしまいました。
状況を整理すると、こういう感じでしょうか。

- シングルユーザーモードでfsckすると複数回実行しても最初の1回で
  修正されるらしく、2回目以降では修復などのプロンプトが出ない。
- マルチユーザーモードではfsckすると修復箇所が提示されるが、
  自動的にnoが選ばれてしまう。

>  OSはFreeBSD5.4 release-p22です。
>  HDDはsoft-updataが有効になっています。
>  RAID1を行っており、HDDのミラーリングをしています。


マルチユーザーモードということは、該当するディスクはマウント
されているものと予測します。マウントされているデバイスファイルに
対しての書き込みは普通は出来ませんので、マルチユーザーモードで
fsckするとnoと自動的に入力されているのだと思います。

# と、書きつつ-Bオプションでバックグラウンドfsckするという手は
# あるかもしれません。

メールによる返信