はじめまして。
室と申します。

私の場合は、/usr/ports/editors/openoffice.org-2/の
Makefileを読んで、LOCALIZED_LANG?= en-US とあるのに気付き
# make LOCALIZED_LANG=ja install でやりました。

途中で、bison-1.75_2.1 ==> bison-2.3 が必要でした。
(gnome2-2.16.1_2な環境のため?)
これは、CONFLICTS=bison-1.* となっていた為
# pkg_delete bison-1.75_2,1 としてから 
/usr/ports/devel/bison2 で # make install しました。

それと、diablo-caffe-freebsd6-i386-1.5.0_07-b01.tar.bz2 を
指示されたURLから持ってきて、/usr/ports/distfiles/に置き、
OOoのmakeを続行しました。これで、なんとか最後まで終了しました。
日本語入力も特に問題はありませんが…

本当に時間がかかりますね。 
% du -h /usr/ports/editors/openoffice.org-2/work/とすると
6.6GB となっていました。

私の環境を書いていませんでした。

FreeBSD 6.2-STABLE
ja-FreeWnn-lib-1.1.1.a021_1
ja-FreeWnn-server-1.1.1.a021_1
ja-kinput2-canna+freewnn-3.1_2
ja-openoffice.org-2.1.0

~/.cshrc には
setenv  EDITOR          vi
setenv  PAGER           jless
setenv  BLOCKSIZE       K
#setenv  LC_ALL         ja_JP.eucJP
setenv  LC_CTYPE    ja_JP.eucJP
setenv  LANG        ja_JP.eucJP
setenv  JSERVER     localhost
としています。なぜ、LC_ALLをコメント・アウトしたのかは覚えていません。

# よく分っている訳ではありませんが、参考になれば幸いです。
# 間違っているところもあるかと思いますが、日本語入力は問題ありません。
--
 MURO Yoshihiro   E-mail: [EMAIL PROTECTED] 

メールによる返信