こんにちは。森本@奈良在住です。

NAKAMURA Takeshi さんは 2007/4/9 0:11 ごろ
"[FreeBSD-users-jp 90481] Re: ブートディスクがクラッシュしたマシンから
のデータ吸い出し" のメールで書きました:

 > 使ったことは無いですが、FreeSBIE とか Frenzy なら出来るんじゃないでしょうか。
 >http://journal.mycom.co.jp/news/2006/06/08/344.html
 >http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/01/18/freesbie/

たしかにシェルが使えてネットワークも大丈夫そうですね。
6.2ベースなら UFS2 でも問題なさげです。

 >> 実は SCSI 構成のマシンの da0 のドライブが
 >> ジオメトリが読めなくなったようでブートできなくなりました。
 >という状態だと、他のアプリケーション頼る必要があるかもしれません。
 >私は /usr/src/tools/tools/recoverdisk や /usr/ports/sysutils/gpart
 >をコンパイルして /root/bin に入れていますが、クラッシュした時に
 >使えるのかは...

あ、すいません。こっちはもう諦めてます。

KIMURA Yasuhiro さんは 2007/4/9 0:33 ごろ
"[FreeBSD-users-jp 90483] Re: ブートディスクがクラッシュしたマシンからの
データ吸い出し" のメールで書きました:

 >森本さんの目的がda2とad4にあるデータを確実にサルベージすることであるな
 >ら、別のFreeBSDなマシンにda2とad4(さらに必要ならばSCSIカード)を繋いで
 >mountするのが一番確実だと思います。

そうなんですけど。タワー型マシン(内蔵デバイスをいっぱいつけられるマシン)
で FreeBSD が入っているのがないもので。

 >* サルベージのためなら件のマシンにATAPI CDROMドライブを繋ぐ(あるいは
 >  USB接続のCDROMドライブなど、件のマシンでCDROMブートできる状況を構築
 >  する)くらいのことはできる。
 >
 >というのなら、FreeBSDに拘らずKNOPPIXあたりを使うのが楽だと思います。

ということで、いずれにしても SCSI CD-ROM を探してきて
ホストアダプタでお呪いをしてそこからブートするのが正解のようですね。
# マザーがいにしえの 440BX なので USB ブートはたぶん不可じゃないかと。
# boot device の選択肢にも USB は出て来ない…。

google にお伺いをたてると最近の KNOPPIX は UFS2 も認識するらしいですね。
Read Only ということですが、私の用途には充分です。

なので、KNOPPIX -> FreeSBIE で試してみたいと思います。

と思ったら、最後の悪足掻きでなんとかOSが起動。
syslogdとかnamedとか不要なサービスは全部とめて
極力ログに何も残さないようにしてから
今のうちに取れるものは取っておきます。

ありがとうございました。

/===========================もっといい明日へ /
/   森本 亨  Toru Morimoto   We love  /
/ [EMAIL PROTECTED], [EMAIL PROTECTED]         神戸  /
/===============================================/
Web: http://www.gulf.or.jp/~too/
27F1 82B5 AF6D 80B8 9B6E  EBFC 8C67 4B85 5CC4 C0A8
最近迷惑メールが多数くるため、タイトルなどが適切でないと
メールを読み飛ばすかもしれません。ご注意ください

メールによる返信