平野@金沢大です。

(2012/05/27 3:49), Koichiro IWAO wrote:
net/xrdp メンテナの岩男です。


 実は、岩男さまのメール [FreeBSD-users-jp 93398] でxrdpを知り、
試していたところです…

On Thu, May 17, 2012 at 06:45:53PM +0900, Akihiro HIRANO wrote:
 100%確実に再現する方法はわかりませんが、例えば、
「Ctrl+d」や「Shift+d」を入力し、キーから手を離すと、
「ddddddd…」の如く、同じ文字が繰り返し入力されます。

xrdpが使用するVNCをRealVNCからTightVNCに変更すると改善するかもしれません。

 試してみましたが、キーマップが滅茶苦茶になっているようです。
ユーザ認証までは正常で、JIS配列となっているようです。

#ユーザ名にShift-1, 2, …を入力した限りでは。

 Gnomeで「Terminal」に「asdfg…」と横一列に打ち込むと、
「abfhjk…」が入力されました。QWERTYでもDovorakでもない、
理解できない文字列が入力されます。はて…?
ちなみに、「Ctrl-U」がENTERに化けているようです。

 「設定」の「キーボードの設定」では、「レイアウト」に
「Japanese-keymap」が灰色で表示され、その下に「US 105」
がいます。

 net/tridiavncでもnet/tightvncと同じ症状でした。


TigerVNC もベースにしているXは決して新しいとはいえないので、
本当はTigerVNCをFreeBSDに移植できると良いのですが…。

 CentOS 6でxrdpとTigerVNCを使っています。こちらは、
「ddddddd…」は起こりません。もっとも、FreeBSDマシンから
日本語キーマップのファイルを拝借するハメになりましたが…
----
平野晃宏@金沢大学 大学院 自然科学研究科 電子情報科学専攻
hir...@t.kanazawa-u.ac.jp

メールによる返信