やたがわです。

twitter.comから返ってくるXMLが壊れていることがあって、それを
そのままxml-parse-region()に渡すとその先でエラーになってしまい
悲しいです。ですので、

(1) twittering-get-response-body()のxml-parse-region()を
    condition-caseで囲み、その場合は明示的にnilを返すように
    しました。

(2) twittering-http-get-default-sentinel()を(1)に対応させました。

(3) twittering-http-post-default-sentinel()でcondition-caseを
    使う意味は(1)でなくなったと思うので、それを削除しました。

をtopic branchにしてみました。

http://github.com/yata/twittering-mode/tree/failsafe-get-response-body

> twittering-get-response-body()ではbody部分を
> xml-parse-region()に渡すためにbuffer-string()でサイズを
> 調べていましたが、search-forward-regexp()で開始部分を
> 直接調べてxml-parse-region()に渡すようにしました。

------------------------------------------------------------------------------
This SF.Net email is sponsored by the Verizon Developer Community
Take advantage of Verizon's best-in-class app development support
A streamlined, 14 day to market process makes app distribution fast and easy
Join now and get one step closer to millions of Verizon customers
http://p.sf.net/sfu/verizon-dev2dev 
_______________________________________________
twmode-users mailing list
twmode-users@lists.sourceforge.net
https://lists.sourceforge.net/lists/listinfo/twmode-users

メールによる返信