梅本です。

>>> Mon, 13 Feb 2006 01:25:44 +0900 の刻に「ume」、すなわち
>>> Hajimu UMEMOTO <[EMAIL PROTECTED]> 氏曰く

>>> Sun, 12 Feb 2006 21:06:32 +0900 の刻に「akira」、すなわち
>>> Akira Sasaki <[EMAIL PROTECTED]> 氏曰く

akira>   日本語EUCに限っていえば、↓のパッチはどうでしょうか。
akira> Problem Report conf/79701 : [PATCH] wcwidth(3) returns wrong value 
akira> about characters in ja_JP.eucJP locale
akira> (http://www.freebsd.org/cgi/query-pr.cgi?pr=conf/79701)

akira>   私はこのパッチでとりあえず使えてます。

ume>   6.1-RELEASE も tcsh で日本語 EUC が使えないままだと悲しいので、とりあ
ume> えず HEAD に突っ込んどきました。現在は次のリリースに向けてコードフリー
ume> ズ中なので、リリースエンジニアチームの許可がおり次第 RELENG_6 に MFC し
ume> ます。

ume> 
http://www.freebsd.org/cgi/cvsweb.cgi/src/share/mklocale/ja_JP.eucJP.src.diff?r1=1.3&r2=1.4

ume>   ちなみに、6.x にもそのまま当たるはずです。

  RELENG_6 に MFC しておきました。ja_JP.SJIS についても直してあります。
  また、6.14 がインポートされて以降、NLS カタログが使えなくなっていたと
いう問題についても、HEAD に修正を入れておきました。これも、許可が出れば
MFC する予定です。

# grep -w が ja_JP.eucJP で嘘をつく問題も、先程 HEAD に修正が入ったよう
# です。これで、ロケールな問題は一通りケリがついたことになるかな?

-- 
梅本 肇 @ インターネット互助会横浜  http://www.imasy.org/~ume/
[EMAIL PROTECTED]  [EMAIL PROTECTED],jp.}FreeBSD.org
プログラムは書いた人の意図ではなく書かれた通り動く  I hate Modula-3 :-)

メールによる返信