木村成一です。
まとめた返事で失礼します。

重村法克 さん wrote:
> メンテナってドイツ人だったりするのですが(^^;。AMDのCEOと同じ名前の。。

今野元之 さん wrote:
>   メンテナの Dirk Meyer <[EMAIL PROTECTED]> はドイツの人です。
> メンテナの意向を知りたいのであれば、英語で @FreeBSD.org なメー
> リングリストに投稿して Cc: [EMAIL PROTECTED] とするのがいいで
> しょう。

LHa だからメンテナは日本人、と早合点して、迂闊な挙動に走って
しまい、失敗しました。英語の投稿はとても無理です。

ところで、一転、dinoex 氏から英文のメールが届きました。
要旨:
 Autoconf LHa の存在は知っている。
 まだ日本語は読めない、そうです。
 ライセンスのせいで ports ツリーに入れていない。

私の側からは、手動でインストールするむね、お返書しました。

重村法克 さん wrote:
> OpenBSD の ports 参考にすればよかったのか。以前 ac200x の対応しようと
> 思って挫折しました。 > ports バージョンの管理とか authority 問題とか

いける、と思います。gmake test 関係のパッチなどは、そのまま置
いておけば済むほどです。
こちらで取り敢えず ports スケルトンは作ったのですが、ライセンス
に関して判断を付けられないので、保留にしておきます。

最後に、現バージョンの URL は以下のとおり。
http://keihanna.dl.sourceforge.jp/lha/16650/lha-1.14i-ac20050924.tar.gz
http://qgpop.dl.sourceforge.jp/lha/16650/lha-1.14i-ac20050924.tar.gz
http://osdn.dl.sourceforge.jp/lha/16650/lha-1.14i-ac20050924.tar.gz

---
木村<LEE>成一 /@千葉県

メールによる返信