On 6/10/07, Kazumaro Aoki <[EMAIL PROTECTED]> wrote:

> いまどきのハードウェアであれば、 数MBぐらい使用しても問題ないと思います。
> (一応 kernel 内の wired page なので、 いくらでも大きくできるわけではないですが)
> 適当なパラメータが見つかりましたら、 是非教えてください。 デフォルトを変更します。

数分間試した感じではこんな感じです。NCHUNKのみを大きくしてみました。

1. NCHUNKはいくら大きくしても、USB storage相手の読み書き(でかいファイ
   ルのcp)と並行してfwcontrol -Rしていると、overrunが起きるまでの時間
   が長くなるもののいずれ、連続して取りこぼすようになる。

これは、 fwcontrol -R で書き込んでいる disk と USB storage 間の転送でしょうか?
このとき top や ps での STATE MWCHAN は何になっていることが
多いでしょうか?  これを見ると、 どこで block されているのかわかります。

2. fwcontrol -R中にdd if=/dev/zero of=hoge bs=32mを同じHDに対して実行。
   NCHUNK=32ぐらいだと、回数は減るがやっぱりoverrunが発生。NCHUNK=64に
   すると出なくなった。なお、実験に使ったHDは
ad0: 238475MB <HDS722525VLAT80 V36OA6MA> at ata0-master UDMA100

まあ、 これをやると、 disk i/o になんらかのプライオリティを付けてあげないかぎりは
なかなか難しいですね。 一時的なdisk 帯域の低下は buffer を増やすことで
対処できますが、 入ってくるレートが出ていくレートより大きくなると、 遅かれ早かれ
あふれます。

NCHUNK=64にしたもので、暫く(一週間ぐらい?)様子を見てみたいと思います。
一週間の間に30時間以上はfwcontrol -Rすると思います。

> 本質的な原因は、 以下の2つが考えられます。
>
> 1.  interrupt のサービスが遅れる
> IRQ を share している 他の device driver が ithread を握りつづけている
> 可能性や、 USB と FireWire driver(6-stable) は共に Giant lock が
> 必要で同時に動作できないこと、 なとが考えられます。
> FreeBSD-current の FireWire driver は ithread を使用しないで,
> fast interrupt(interrupt filter) を使用し、 Giant free なので
> interrupt latency が小さいと思います。 もし機会があればお試しください。
>
> 2. storage のスピードの問題.
> DV では定常的なスピードが要求されます。 sync のために 1秒とか disk i/o
> ブロックされると fwcontrol の packet の読み出しも止まってしまい、 buffer
> が溢れます。 この手の問題には, /usr/ports/misc/buffer のようなものを
> 使って出力を buffering するのも手かもしれません。
> (fwcontrol で aio(4) とか multi-thread化するのは面倒なので)

ithreadとかGiant lockとかは用語はどこかで見たことはありますが、知識が
無いので理解は出来ていませんが、FreeBSD-currentとか使う機会があったら
試したいと思います。また、ports/misc/bufferも今回初めて知りました。こ
れも、問題解決に使えそうな感じがするので、NCHUNKを増やしたfwcontrol -R
の調子が期待ほどにはならなかった場合は、試してみたいと思います。

1点だけ確認させてください, fwohci と IRQ を share しているものはありますか?
(例えばUSBとか)

あと, AV/C という AV機器を FireWire からコントロールする規格があるのですが、
最近の6-stable と 7-current で動く, 実験的なコードがあります。
どなたかテストしていただける方がいたら、 私のほうまでメールを頂けたらと思います。
(どのような機器があるかの情報を含めて)
実際テストをお願いするのは、 しばらく先になるかもしれませんが。。。。

--
/\ Hidetoshi Shimokawa
\/  [EMAIL PROTECTED]

メールによる返信