On Sat, 26 Apr 2008 17:00:20 +0900
KOIE Hidetaka (鯉江英隆) 
<[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]> 
wrote:

>   Message-Id: 
> <[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]
>   Date:       Sat, 26 Apr 2008 16:25:26 +0900
>   From:       waka 
> <[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]>
>   Subject:    [FreeBSD-users-jp 91605] Re: ディレクトリが削除できない 
> 
>   | 結論は「ファイルシステムが壊れていた」でした。
>   | 
>   | 先日のクラッシュの後、自動で fsck がかかっていたはずなのですが、
>   | 修復しきれていなかったようで、リブート後、問題のファイルシステムがマウントできませんでした。
> 
> fsckで直ったということですが
> クラッシュ後のfsckはバックグラウンドfsckだったと想定して..
> 
> バックグラウンドfsckで修復できていなくて
> 手動のfsckで直ったということなので、
> バックグラウンドfsckのバグとか
> (bg fsckの前提となっている)softupdateのバグとか
> クラッシュのときにディスクへの書き込みが異常に行われたとか
> ちょっと不安が残りますね。

バックグラウンドで fsck を走らせるということは、ファイルシステムは
利用中ということです。バックグランド fsck は参照されていない inode
の回収などの軽微な障害しか修正できません。

例えるならば、車のバックミラーの角度を運転中に修正できても
(バックグラウンド)、ミラーの交換 (言わば、フォアグランド)は
走行中には出来ないようなものです。

メールによる返信