西村です。

Reply to 
<[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]>
KOIE Hidetaka (鯉江英隆) 
<[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]> 
wrote:
>   Message-Id: 
> <[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]>
>   Date:       Sun, 27 Apr 2008 20:44:33 -0400
>   From:       Yoshihiro Ota 
> <[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]>
>   Subject:    [FreeBSD-users-jp 91614] Re: ディレクトリが削除できない 
> 
>   | >   | 結論は「ファイルシステムが壊れていた」でした。
:
> softupdateをつかっていれば
> ディスク書き込み中にクラッシュしても
> ファイルシステムには軽微な障害しか起こらないように
> なっているはずだとおもうのです。
> #いきなり電源を切った場合にはダメかもしれません

そうだと思いますが、Softupdatesを有効にしているにもかかわらず
私もbg_fsck中に止まったり、findするとシステムが刺さるものの、
手動でfsckすると問題なくなると言う経験が数回あります。

わかさんのFreeBSDのバージョンがわからないので、何ともですが
記憶が正しければFreeBSD 5.x(6.0かも)の頃にそう言うことがありました。
6.1以降にしてからはそう言う記憶はちょっと無いです

結局の所SoftupdateってZFSの用なトランザクションファイルシステムに
近いものだと思っています。

基本的にCopy on Writeで作業して、indexに相当するディレクトリエントリ等は
最後に書き換える。
ただし、Copy on Write出来ない、空きクラスタを書いた
ビットマップ(で良いのかな)等はごみが残るのでfsckで修正してやる
必要があるみたいな認識だったので、クリティカルな問題が発生するのは
softuodateが何らかの不具合を抱えているのではないかな?と思う次第です。


-- 
NISHIMURA,Yutaka./西村ゆたか 
<[&#x30E1;&#x30FC;&#x30EB;&#x30A2;&#x30C9;&#x30EC;&#x30B9;&#x4FDD;&#x8B77;]>


メールによる返信