鈴木@葛飾区と申します。

From: tarai <tarai...@gmail.com>
Subject: [FreeBSD-users-jp 92149] Re: Linux を見ていてうらやましいと思うこと
Date: Fri, 27 Feb 2009 15:01:33 +0900
Message-ID: <98fbde6c0902262201l34a2fda1h8b22b5c2fdc2c...@mail.gmail.com>

> あらいです。
> 
> PCの高機能化からネットブックへの(スペック的)逆戻り現象や、
> 仮想PC上での環境構築などを考えると、常時変化するportsよりも、
> portsから派生する形で、ある程度アプリケーションのバージョンが固められている
> バイナリパッケージツリーが求められているのかなあと思います。
> それPC-BSDでいいんじゃない? と言われるオチが待っていそうですが。

portsもそうですが、OS自体のライフサイクルもExtendedステータスのもの
(FreeBSD-7.1など)でも2年程度と短いこともRedhat Enterpriseやそのフリー
版であるCentOSに比べて商用で利用しにくい要因になっているのではないでしょ
うか。

最近はfreebsd-updateでメジャーバージョンアップにも対応してきてアップデー
トしやすくはなってきていますが確認のための工数や周辺の対応も考えるとで
きればOSのアップデートは少ないほうが嬉しいです。

マイナーバージョンアップを重ねればそれなりに長い期間にはなりますが、単
なるアップデートではなくバージョンアップというだけで尻込みする人は多い
と重いいます。
---
すずき

メールによる返信