From: Kenji MATSUOKA <[EMAIL PROTECTED]>
Date: Tue, 27 Dec 2005 16:28:48 +0900

> 後藤>この問題は、amd64 版だと起こるという理解でよろしいのでしょうか?
> 後藤>元記事の方も、amd64 版をお使いなのでしょうか。
> 
> 富士通のWEBページに製品の説明があります。
> http://www.fmworld.net/biz/fmv/product/catalog/ctlg_esprimo_200511.pdf
> CPUは、Intel Pentium4(3.0GHZ)です。

いえ、松岡さんが FreeBSD のインストールにお使いになったものが
i386 版なのか、amd64 版のいずれなのかなと思ったのです。

そのマシンの CPU は Pentium 4 630 なので、アーキテクチャ的には EM64T
であり、i386 と amd64 のどちらでもインストールできるはずですから。

私のところの PowerEdge SC430 の CPU は Pentium 4 521 で、やはり EM64T
ですが、先のメイルに書いたように 64bit OS に多少不安があったので、
敢えて i386 版を選びました。

> (1)本体空スロットがロープロファイルのみ(ロープロ用の拡張カードは
>    種類が少ない?)

最近のカードはロープロファイル用の金具も付いている事が多いようです。
まぁ、絶対とは言えませんから用心する気持ちはわかります。

> (2)標準ではキーボード/マウスがUSB対応のみ(CPU切替器接続に難あり)
> Optiplex/GX520でBCM5751がOKなのか不明ですが、PowerEdge/SC430
> でOKなのであれば期待が持てる様な気がします。

インストーラのブートメニューで、言葉は忘れましたが、USB キーボード
対応の FreeBSD というのを選択すればインストールは OK です。
# 実はこれに気づくまで少し時間がかかりました。(^^;

マルチユーザモードでのブートではこれで OK ですが、ブートメニューで
シングルユーザモードを選んでブートするとキーボードが効かなくなって
あせりましたが、リリースノートを読むと USB キーボードのみのマシンでは、
/boot/loader.conf に hint.atkbd.0.flags="0x1" と書けとあったので、
これを書いたら問題はなくなりました。

# インストール時に USB キーボード対応 FreeBSD を選んでブートしたら、
# インストーラの方でこの設定を書き込んでくれた方が嬉しいですけど…

CPU 切替器の件は、私も PS/2 のみの CPU 切替器に、USB<->PS/2 変換
ケーブルをかまして PowerEdge SC430 を使っています。

USB<->PS/2 変換ケーブルの中には、FreeBSD と相性の悪いものもありますが、
それにさえ気をつければ大丈夫です。

BMC5751 に関しては、よく考えたら PowerEdge SC420 も NIC が BMC5751 で、
FreeBSD 5.3/i386, FreeBSD 5.4/i386 と使ってきていますが、何も問題は
ありません。

松岡さんが i386 版でダメということであれば、マザーボードのチップセット
などが何か関係しているのかも知れませんが、私にはよくわかりません。

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
(株) セントラル情報センター
                             後藤和政    [EMAIL PROTECTED]

メールによる返信