えぐち@エスアンドイーです

8 May 2006 23:59:20 +0900 に
[EMAIL PROTECTED]<[EMAIL PROTECTED]> さんは書きました:
バックアップ方針については、以下のご意見をいただきました。
(1)人為的ミスにはrsyncによるミラーリングの方が良いのではないか([EMAIL PROTECTED])。
...
(4)rsyncによるミラーリングの方が耐障害性は高いのではないか(西村さん)。
...
(7)差分バックアップの目的ではUFS snapshotが有効に使えることがある(うちかわさん)。
上記ご意見に関しては、もう少し議論させて欲しいと思います。


(1)(4)に関しては、rsyncの方が確かに耐障害性は高いかもしれませんが、rsyncでは1世代前
しか保存できないので不便ではないでしょうか。rsyncの実行間隔を短くすれば最新データの
保存性はよくなりますが、人為的ミスを復旧できる確率は低くなり、実行間隔を長くすれば
逆の関係になり、トレードオフになってしまいます。これに対しては、差分バックアップを
併用して数世代保存する必要が出てきますが、(7)のsnapshotも便利そうですね。

rsync でも、2世代以上のバックアップは可能です。
-b, --backup                make backups (see --suffix & --backup-dir)
     --backup-dir=DIR        make backups into hierarchy based in DIR
を使用し、

 rsync -avb --backup-dir=.`date +%Y%m%dT%H%M%S` srcdir  buhost::budir

の様にすれば、インクリメンタルバックアップが可能です。
また、ローカルディスクでの世代管理には

・pdumpfs: Plan9もどきのバックアップシステム
 http://0xcc.net/pdumpfs/

をお勧めします。
これはハードリンクベースで lndir を行うのを基本にしているので、
真の変化分(とディレクトリ分)しかファイルシステム上のスペースを浪費せず
便利です。 これと、rsync を併用する

・pdumpfs-rsync: rsync を利用したリモート pdumpfs
 http://tach.arege.net/software/pdumpfs-rsync/

というものがあります。
それぞれ ports/sysutils/pdumpfs,
ports/sysutils/pdumpfs-rsync と
ports になっています。

ご参考まで。

 えぐち

メールによる返信