こんにちは、斉藤です。

[EMAIL PROTECTED]
>
>geom_mirrorで作ったraid構成はディスク上に書かれているはずなので、
>もし消えてるとしたら、何者かが消したということになるでしょうね。
>それがBIOSである可能性がある可能性はありますね。
>
なるほど。再起動するまでは普通に使えていますので、reboot後のどこかで
BIOSに消されている可能性があるわけですね。

>BIOSで作るRAIDはataraidドライバで作れると思いますがそれは試してみました?

試してみました。
atacontrolで作成した場合は、再起動後も構成は残っていました。
SiI3114のBIOSはRAID1の構成にしてあります。

deneb# atacontrol list
ATA channel 0:
    Master:  ad0 <Maxtor 4D040H2/DAH017K0> ATA/ATAPI revision 6
    Slave:       no device present
ATA channel 1:
    Master:  ad2 <ST380021A/3.75> ATA/ATAPI revision 5
    Slave:   ad3 <ST380021A/3.75> ATA/ATAPI revision 5
ATA channel 2:
    Master:  ad4 <Hitachi HDT725050VLA360/V56OA73A> Serial ATA II
    Slave:       no device present
ATA channel 3:
    Master:  ad6 <Hitachi HDT725050VLA360/V56OA73A> Serial ATA II
    Slave:       no device present
ATA channel 4:
    Master:      no device present
    Slave:       no device present
ATA channel 5:
    Master:      no device present
    Slave:       no device present

deneb# atacontrol create RAID1 ad4 ad6
ar0 created

deneb# atacontrol status ar0
ar0: ATA RAID1 subdisks: ad4 ad6 status: READY

deneb# bsdlabel /dev/ar0s1
# /dev/ar0s1:
8 partitions:
#        size   offset    fstype   [fsize bsize bps/cpg]
  c: 976768002        0    unused        0     0         # "raw" part, don't edi
t
  d: 976768002        0    4.2BSD     2048 16384 28552

gmirrorで作ったときのスライスとパーテーションおよび、テストで
作ったファイル(!)もそのまま残っていました。

atacontrolの場合は消えていないというこは、atacontrolとGEOMでは、
情報を書いている場所/方法が違うというこでしょうか?

とりあえず、目的のことはできそうですので、今回はatacontrolで行こうと思います。

ありがとうございました。

メールによる返信