吉田です。

1.FreeBSDで構築するのに参考になりそうなものは、
  目的の内容が載っていたか記憶が不確かですが、
  「FreeBSD ビギナーズバイブル」とか「FreeBSD徹底入門」
  とかの書籍を買った覚えがあります。
  いかんせん古いので、現在は入手性の問題があると思います。

  むしろ、Linux系のサーバ構築本を買ってきて、「〜という
  デーモンをinstallして設定したいのですが、FreeBSDでは
  どうすればよいでしょう」とここで質問したほうが早い
  かもしれません。
  インストール方法がrpm->package/portsに変わるだけで、
  設定ファイルは同じです。
  きちんと比較したことはありませんが、基本はLinuxも
  FreeBSDもSolarisも変わらないはずです。
  
2.FreeBSDにこだわる必要はないと思います。

  ブロードバンドルータやLinuxはもちろん、Windows Server
  でも同じような役割は果たせます。
  選定ポイントは、セキュリティ、予算、安定性、
  設定のわかりやすさ、既存設備の流用、等々あります。

  ブロードバンドルータもいいのですが、安物は壊れやすくて
  安定性に欠けるというイメージがあります。
  業務で使うなら評判を確かめておいたほうがいいでしょう。
  ちなみに、会社で使ってたコンシューマ向け某社の
  製品は、頻繁に動作しなくなってリプレースされました。
  あと、構造的にセキュリティ問題はあまり聞きませんが、
  個人的には脆弱性が見つかった場合にすぐパッチが提供
  されるのか疑問を持っていたりします。

  大学時代は、Windows Serverのドメインコントローラや
  ファイルサーバにルーティングやDHCPサーバまで担わせて
  いたこともあります。
  片方のセグメントにWindows Serverがいれば、それを
  利用する案も検討に値します。

  あと、村田さんの職場環境では次の管理者に引き継ぐことも
  考えておいたほうが良いので、職場で普及しているもの・
  管理者が確保できそうなものを採用するという考え方も
  ありだと思います。
  FreeBSDなどUNIX系OSに詳しい方がいらっしゃればFreeBSD
  採用も良いですが、そうでないならばあえて除外することも
  視野に入れておいたほうが良いでしょう。そうしないと、
  また管理者不在なサーバと化して第二の村田さんを生み出す
  ことにもなりかねません。
  ドキュメントを残しておけばよいという話もありますが、
  職場環境的にUNIXの基本とかOSのインストール方法から
  一切合切説明しないと引継ぎにならない気配がします。
  例えば、今回/etc/dhcp3 だけ残っていたとしても、問題は
  解決していないと思うのです。

思いつくままに書いてしまいましたが、参考になれば。
最近ネットワーク管理から遠ざかっているので、突っ込み
どころもたくさんあると思います。

--
Yoshida Kazuhito  kazuhito.yosh...@nifty.com, kazuh...@kazuhito.net

メールによる返信