松尾です。

OAuthの認証後に発行されるaccess tokenを暗号化して
保存する仕組みをcommitしました。

(setq twittering-use-master-password t)
としておくと、twittering-mode起動時にtokenを取得済みなら
それを再利用するようになります。

利用には外部ソフトウェアGnuPGとEmacs LISPプログラムの
EasyPGもしくはalpaca.el (ver 0.13)が必要です。
(バージョン23以降のEmacsはEasyPGを同梱しています。)

twittering-mode起動時の手順は以下の通りです。

A.~/.twittering-mode.gpgが存在しないとき
  1.OAuthのためのPINを入力する
  2.PINの認証が完了したら暗号化のための
    パスワードを入力(確認のため2回)する

  →tokenが暗号化され~/.twittering-mode.gpgに保存されます。

B.~/.twittering-mode.gpgが存在するとき
  1.暗号化を解くためのパスワードを入力

  →OAuthの手続きはtoken取得時に完了しているので改めて
    ブラウザを起動する必要はありません

保存先のファイルはtwittering-private-info-fileで変更できます。
暗号化してあるとはいえTwitterアカウントに関して何でもできるように
なる秘密情報が入っていますので、~/.twittering-mode.gpgの扱いには
十分注意してください。

---
松尾 直志 <t...@mymail.twin.jp>

------------------------------------------------------------------------------
ThinkGeek and WIRED's GeekDad team up for the Ultimate 
GeekDad Father's Day Giveaway. ONE MASSIVE PRIZE to the 
lucky parental unit.  See the prize list and enter to win: 
http://p.sf.net/sfu/thinkgeek-promo
_______________________________________________
twmode-users mailing list
twmode-users@lists.sourceforge.net
https://lists.sourceforge.net/lists/listinfo/twmode-users

メールによる返信