回答ありがとう御座います。

やはり、止めるしかなさそうですね。。。

ただ、1台だけなのに、メールアカウントが60程ありますので、
アナウンスした上で、土曜か日曜の深夜に行うことになりそうです。
(片手間仕事なので、今週できるとも限りません)

freebsd-updateを行った際更新されたファイル群の記録を消してし
まい情報不足なのですが、この状態で旧カーネルでの運用も逆と同
じく好ましくないですよね?

せめて、ファイルリストぐらいは把握しておきたいのですが、
freebsd-updateって、自動で更新リスト残して居ましたでしょうか?
manを見たところ、そのような内容は無かったのですが・・・
それか、所定のサイトに情報有りますか?

とりあえず、更新されたGENERICで起動しておいた方が良いのかなあ。


> あさかわ
> 
> > セカンダリーDNSは、ホスティングサービスに頼っていて、 
> > MXに関しては
> > 1台のみなのです。
> > (ディスククローンを用意して、即復旧できるようにはして有ります 
> > が)
> 
> セカンダリーDNSが存在するのなら、止めてしまっても問題ない 
> ですよ。
> DNSのセカンダリーが無いと、ドメインが行方不明になるので問題ですが
> 
> MXの対象が一時的に存在しなくても、送信側のメールサーバーが、一定 
> 期間は、再送してくれます。
> 
> >
> > やはり、それ自体が問題ですよね・・・
> 
> たいした問題ではないです。
> 
> 

メールによる返信