佐久間さん、小野さん、ありがとうございます。

[EMAIL PROTECTED] wrote:
  | 佐久間です.
  | 
  | amd64は詳しく無いのですが,i386だとcombatを入れると,2系以降のバイナリは動き
  | ます.
  | 
  | libXaw.soが無いようですね.combatを入れれば,こういうライブラリも入ります.

libXaw.so.7自体はあります。パスも通っていますが、amd64のライブラリだとダメみたいです。
それと、前のメールにも書きましたが、amd64ではcompat自体が無いみたいです。

[EMAIL PROTECTED] wrote:
  | [EMAIL PROTECTED] です.
  | 
  | 今後 broken でなくなる目処がないのであれば, ports を使わずソース
  | からコンパイルしちゃえばいいような気がしますが....

ということで、ちょっと調べてみました。

ports の mule のディレクトリで Makefile の Broken の判定のところを
削除して make して、work に移って調べてみました。

mule の configure のところで、アーキテクチャーの判定があって
===>  Configuring for mule-2.3_4
creating cache ./config.cache
checking host system type... amd64-portbld-freebsd6.1
configure: error: Emacs hasn't been ported to `amd64-portbld-freebsd6.1' 
systems.
Check `etc/MACHINES' for recognized configuration names.
===>  Script "configure" failed unexpectedly.
Please report the problem to [EMAIL PROTECTED] [maintainer] and attach the
"/usr/ports/editors/mule/work/mule-2.3-19.34/config.log" including the output
of the failure of your make command. Also, it might be a good idea to provide
an overview of all packages installed on your system (e.g. an `ls
/var/db/pkg`).
*** Error code 1

Stop in /usr/ports/editors/mule.

となり止まります。

work/mule-2.3-19.34 で
./configure i386-portbld-freebsd6.1
として、makeすると、

./temacs -batch -l mule-inst.el 
/usr/ports/editors/mule/work/mule-2.3-19.34/src/..
/lisp/ccl.elc /usr/ports/editors/mule/work/mule-2.3-19.34/src/../lisp/gnusutil
途中略
19.34/src/../lisp/sendmail.elc 
/usr/ports/editors/mule/work/mule-2.3-19.34/src/..
/lisp/texinfmt.elc 
/usr/ports/editors/mule/work/mule-2.3-19.34/src/../lisp//selec
t.elc /usr/ports/editors/mule/work/mule-2.3-19.34/src/../lisp/term/x-win.elc
*** Signal 11

でダメです。まあ、その前に大量に出るpointerのcastのwarningでダメだとは思いますが。
しかし、どうして Signal 11 なんでしょう?

このあたりの解決法をご存知の方、いらっしゃいませんか?

しかし、mnews といい、mule といい使い慣れたソフトが消えて行くのは寂しいですね。

--
宮尾安藝雄 博士(農学)
独立行政法人 農業生物資源研究所
分子遺伝研究グループ 遺伝子機能研究チーム
イネゲノムリソースセンター 併任
〒305-8602 茨城県つくば市観音台2-1-2
TEL 029-838-7020  FAX 029-838-7020
mailto:[EMAIL PROTECTED]
居場所 http://tos.nias.affrc.go.jp/cgi-bin/renraku.cgi?id=miyao

メールによる返信