仲村です

On Sun, 9 Apr 2006 20:58:12 +0900,
 ikesan <[EMAIL PROTECTED]> wrote:

>> 現在は csh も tcsh と同じなので、次の set でもよいはずで、
>> 私の使用しているものです。
>>
>> set prompt="%h %S%m%s %n:%~> "
>
>  ありがとうございます。強調表示もいいですね。
>  cd のaliasを設定しなくても動作するところが、またいいですね。
>  最後の > はtchのスタイルですか?

 tcsh 的書き方は`>' と直接書くのではなく `%#' になりますね。

私の .cshrc の prompt の部分。 csh 向けは
<http://www.openbsd.org/cgi-bin/cvsweb/src/etc/skel/dot.cshrc?rev=1.5>
から取ってきました。 強調表示は ANSI エスケープシーケンスをべた書きなので
端末によっては異常表示の元になるかも。

if ( $?tcsh ) then
  # tcsh 向け
  if ( x$TERM == x"screen" ) then
    set prompt  = "%{\e[34;[EMAIL PROTECTED]:%~[\!]%#%{\e[0m%} "
    set rprompt = '%{\e[34;46m%} %d, %D %w %Y %P %{\e[0m%} '
  else
    set prompt  = "%{\e[33;42;[EMAIL PROTECTED]:%~[\!]%#%{\e[0m%} "
    set rprompt = '%{\e[33;42;1m%} %Y/%W/%D %P %{\e[0m%} '
  endif
  alias precmd echo "^[[37\;42\;1m tcsh $tcsh shlvl:\[$shlvl\] ^[[0m"
  set histfile = ~/.thistry
else
  # csh 向け
  set mch = `hostname | sed 's/\..*//'`
  if ( x$TERM == x"screen" ) then
    alias prompt 'set prompt = ^[[34\;46m`id -u 
-n`@"$mch:q"":$cwd:t[\!""]%^[[0m "'
  else
    alias prompt 'set prompt = ^[[33\;42\;1m`id -u 
-n`@"$mch:q"":$cwd:t[\!""]%^[[0m "'
  endif
  alias cd 'cd \!*; prompt'
  alias chdir 'cd \!*; prompt'
  alias popd 'popd \!*; prompt'
  alias pushd 'pushd \!*; prompt'
  cd .
endif

(^[ は「エスケープ」です。tcsh では \! は %h と同じです)
#  precmd で tcsh のバージョンを表示させているのは 6.13.00 と、
# 6.14.02 を使っていて区別しやすいようにです。
----+----1----+----2----+----3----+----4----+----5----+----6----+----7----+
 関西沖縄の集い がじまるの会 手伝い 一人だけの勝手に神奈川支部
 仲村 武 <[EMAIL PROTECTED]>

メールによる返信