島村です。

まずは問題の原因が機器の故障によるものなのか、
FreeBSDシステムによるものなのかを切り分けされる事をお勧めしま す。


まず、ハードウェア / OSのどちらに問題があるのかが不明で す。。

メモリテストを行ってみても特にエラー等は表示されていませんでした。

メモリの使用状況を確認するため、別のtermからtopで確 認していたところ、
httpdやmysqlがだんだんSTOPになっていきました。
memtestがCPUを大量に使うので、その影響かと思い memtestを終了したのですが、 それでも依然としてSTOPだったため、shutdown -r nowで 再起動を試みました。 確か、dmesgにエラーは出ていなかったと思います。(記憶 が曖昧ですが‥)


メモリテストをやり直してみては如何でしょう?
1、2時間ではなく、2日間位ぶっ通しでメモリテストした方が良い
と聞いた事があります。
予備のメモリをお持ちなら交換してみるとか。

5日の早朝、メモリ交換 -> ブートし、
6日の早朝、メモリテスト中に多数のプロセスがSTOPになったた め、 shutdown -r nowで再起動してみたところ、init diedで正常起動 ができなくなった、ということになります。
init diedで無限リブートに入ってしまう現象を確認の後、
ハードディスクのみを残してシステム全体を予備の同等品と交換しても らいました。 しかしながら、問題が解消しないため、システム内部に問題があるので は、と指摘をいただきました。

特にシステム(loader.conf, device.hints等)に手をつけ なくてもこういう事があるのか?と不思議です。 シングルユーザーモードでも起動できない、ということは初めてなの で。。


ケースファン、電源ファン、CPUファンなどの放熱系部品の故 障で
熱暴走している可能性もありますね。
一度蓋を開けて中身が見える状態のまま起動してみるとか。

確認してもらおうと思います。


------------------
島村 優太郎
[EMAIL PROTECTED]
------------------


メールによる返信