みなさま多数のアドバイスをありがとうございました。
岩本さまのNATする方法をやってみました。

FreeBSD5.5R でしたので OPTIONS IPFILTER は多分不要だったと思い
カーネルをGENERIC に戻しました

/etc/rc.conf に ipnat_enable="YES"を加え
----------------------------------------
defaultrouter="AAA.BBB.100.1"
gateway_enable="YES"
ifconfig_vr0="inet AAA.BBB.100.2  netmask 255.255.255.252  media 100baseTX  
mediaopt full-duplex"
ifconfig_re0="inet xxx.yyy.200.1  netmask 255.255.255.192"
ipnat_enable="YES"
-----------------------------------------

/etc/ipnat.rules デフォルトの(rules definition file for ipnat)に
----------------------------------------
map vr0 from AAA.BBB.100.2 to any -> xxx.yyy.200.1/32
----------------------------------------
として再起動。

見事にルーター機、自身からインターネットへ出て行く場合の
ソースアドレスは 全て xxx.yyy.200.1 をつけて出て行っています。

これで、貴重なグローバルIPアドレスが1つ有効に利用できます
岩本さま、みなさま、ありがとうございました。



# netstat -r

Routing tables

Internet:
Destination        Gateway            Flags    Refs      Use  Netif Expire
default            AAA.BBB.100.1      UGS         0      256    vr0
AAA.BBB.100.0/30   link#1             UC          0        0    vr0
xxx.yyy.200.0/26   link#2             UC          0        0    re0
localhost          localhost          UH          0        0    lo0


-- 
けんずふぁみりー <[EMAIL PROTECTED]>

メールによる返信