柳澤です。

On Sun, 28 Jan 2007 19:40:46 +0900
"杉山直樹" <[EMAIL PROTECTED]> wrote:

> 自分でも一応調べて見ているのですがやはりファイルのLockの問題なのでしょ
> うか? rcp.lockd. . .一体なにをするものなんでしょうか

viで書き込むときはロックを取得するはずなので、
ロック回りの問題は十分考えられると思います。

rpc.lockdはNFSでサーバー上のファイルをロックをするのに使います。
NFSはサーバーやクライアントがクラッシュした際の復旧を簡単にするために
状態を持たないプロトコルになっています。
しかしながら、こういう仕組みだとファイルのロックなどが出来ないので
ファイルロックを実現するためにrpc.lockdがあり、他のホストのクラッシュや
再起動を監視し、クラッシュや再起動したホストからのロックを外すために
rpc.statd があります。

...と、詳しくはmanしてみると良いと思います。
manの他にはMcKusickさんとNeville-Neilさんの書かれた
『The Design and Implementation of the FreeBSD Operating System』の
391,396頁か、その訳本『BSDカーネルの設計と実装--FreeBSD詳解』が
参考になると思います。

-- 
-------------------------------------------------------
Yoshisato YANAGISAWA <[EMAIL PROTECTED]>
Dept. of Mathematical and Computing Sciences,
Graduate School of Information Science and Engineering,
Tokyo Institute of Technology.
/* If you are an *BSD user, let's join http://bsdstats.org/ */

メールによる返信